シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

付き合ってからも大切にされ続ける愛され彼女の特徴4つ

“釣った魚に餌をやらぬ”ということわざがあります。これは、親しくなった後にはもう、機嫌を取る必要がないのでそうしない(機嫌をとらずに放置しておく)という意味のことわざです。しかし、釣った魚にも釣る前と同じように――いや、それ以上にエサを与えて欲しいわけで……。できることなら、付き合った後もずっと愛される彼女になりたいものです。
さて、当たり前のように愛され続ける彼女になるには、どのようにすれば良いのでしょうか?

付き合ってからも大切され続ける彼女

(1)それぞれの時間をつくる

筆者の知る限りでは、ずっと一緒にいるカップルはあまり長続きしていません。なぜお別れしたのか理由を聞くと「飽きてしまった」という答えがほとんどです。大好きだから一緒にいたいと思う気持ちもわかりますが、ベッタリとずっと一緒にいると欠点ばかりが目に入って嫌気がさしてしまうなんてことも原因のひとつとして挙げられるのかもしれませんね。ですから、適度に各々好きなことをする自由時間をつくりましょう。
会えない時間が愛を育てると言ったりもしますし、趣味など恋愛以外に打ち込めるものを用意しておくのも必要なことなのです。

(2)理解を示す

筆者の知り合いに、それまでとてもラブラブだったのに、急に別れてしまったカップルがいました。晴天の霹靂のような出来事に、筆者を含め周囲は戸惑うばかり……。どうやら原因は、彼氏の仕事の忙しさを理解しきれなかった彼女の堪忍袋の尾が切れたことにあったようでした。
恋人のライフスタイルやワークスタイルに理解を示すことは、長く愛され続ける秘訣! 話を聞く、真っ向から否定しないなど、できる限りの理解を示すようにしましょう。

(3)対等な関係性を築く

筆者には彼氏に尽くしすぎてしまうタイプの友人がいるのですが、彼女は以前、なかなか幸せになれないことについて悩んでいました。しかし尽くしすぎることをやめたら、トントン拍子に結婚が決まったのです。
この結果からみても、どちらかに主導権が偏ってしまうのは避けたいところ。全く自己主張をせず、全て相手の言いなりになってしまうようでは「面白味がない」とか「つまらない」、「重い」などと思われてしまいかねません。
しっかりと自分を持っている芯の強い女性を好きな男性はとても多いです。対等な関係性を築くことこそが、ふたりの関係性を深めてくれるはずです。

(4)ミステリアスな部分を残しておく

「彼女がオレ色に染まりすぎて、行動を全部見通せるのがつまらない」と、恋人をふった男性を知っているのですが、つまり、どうやらカップルには“刺激”が不可欠ということなのでしょう。何をしているのか、どんなことを考えているのか――わからない部分があったほうが、お付き合いが長く続きやすい傾向があるようです。

長くお付き合いをしていると、マンネリに陥ることもあるでしょう。しかしどんなときでも、パートナーを尊重し、また思いやる気持ちを忘れないようにすることが、あなたを“ずっと愛される彼女”の座に導いてくれるはずです!