オンナ目線のキュレーションサイト

付き合いはじめの不安は…デートにおススメの場所とスキンシップの取り方

1:付き合いはじめっていつまで?

「付き合いはじめ」とよく言いますが、付き合いだしてどのくらいの期間のことを言うのでしょうか?

恋愛において、よく「3」がパワーワードだと言われています。

デート3回目で告白、付き合って3ヶ月で初めての別れの危機、恋の賞味期限は3年……といったように、恋愛において「3」という数字がよく使われますよね。

この「3の法則」を付き合いはじめに適用すると、「付き合ってからデート3回目」ということになるのでは? 週に1回デートすると仮定すると、付き合いはじめて1ヶ月目くらいが、1番お互い探り探りの「付き合いはじめの時期」だと言えそうですね。

ワクワクドキドキの恋人になって最初の1ヶ月は、友人関係から恋人に発展した場合を除いて、不安を持つ人が多いようですよ。

 

2:付き合いはじめによくある不安5つ

では、付き合いはじめに感じる不安についてご紹介しましょう。

(1)本当に私のことが好きなのかな…

彼からの猛アプローチで交際がスタートした場合でも、「恋人」になった瞬間、連絡頻度が一気に減ったと嘆く女性が多いです。

「釣った魚にエサはやらないタイプ!?」と不安になったり、自分からの告白で交際をスタートさせた場合も、「本当に彼は私のことが好きなのかな」と不安になったりしてしまうのが付き合いはじめ。

交際は必ずしも「好き」という言葉から始まるわけではありません。

口下手な彼ならなおさら「自分に本当に好意を持ってくれているのか」と不安になるのです。

(2)素の自分を知って嫌われないかな……

好きな人の前ではよく見られたい、というのが恋する乙女心。

そのため、自分が普段着ないような彼好みのファッションにしたり、がさつな部分を見せないように努力したり……。

本当に恋をしたとき、女性は誰しも女優になってしまいます。

「彼が好きな女性像」を演じてしまうのです。

だけれど、付き合いはじめてふとした瞬間に「素」の自分が出てしまったら!?

そう考えて不安になってしまう女性が多いですよね。

「モテる女子」ほどこの傾向が強く、「付き合うまではうまくいくのに、交際が長続きしない」という悩みを抱えがち。

必ずしも、プロ演技者ほど彼との付き合いがうまくいくとは限らず、むしろ、付き合いはじめてから不安を抱えるケースが多いのです。

(3)次のステップへのタイミングは…

大人になると、付き合う前に体の関係を持ってしまうケースもあります。ですが、基本的な順序としては、恋人になってから、キスやエッチなどのステップに進みますよね。

付き合いはじめは、その「恋人」のステップに進むタイミングを探る期間でもあります。

リードしてくれる彼ならまだしも、草食系の彼の場合、あなたの「OKサイン」が出るまで次のステップに進まないということも……。

特に「付き合ってからの関係になるまでの期間」には、個人差があるので、お互いタイミングを見計らいつつ、不安になりがちです。

(4)そもそもちゃんと付き合ってるの!?

大人の男女の場合は、告白なく、「恋人未満友達以上」というあいまいな関係で、一方は「付き合っている」と思っているのに、一方はただの「セフレ」だと思っていた、というようなケースがあります。

女性が「そもそも私たちって付き合ってるの!?」と、どこかのタイミングで聞いて、男性からはぐらかされ、「私、彼女じゃなかったんだ……」とショックを受けるケースが多いですが、逆パターンも。

筆者の友人の自由奔放な恋愛を繰り返すSちゃんは、ただのセフレだと思っていた彼の友人に彼女として紹介されたのだとか!

そのときに「え? 私彼女じゃないです」と友人の前で言い、その場が硬直……。

必ずしも告白からはじまる交際だけではないですが、このような展開を避けるためにも、やはり「けじめ」として告白をもって交際をスタートさせるようにしたいですね。

(5)結婚願望はあるのかな

「●歳までに結婚する!」と決めている女性なら、恋人も結婚前提で選ぶようになります。

とはいえ、彼が独身貴族で結婚願望がなかったら……? そうなると、「次の人と結婚する!」と決めていた女性にとっては酷なこと!

でも、付き合いはじめに「結婚願望あるの?」なんて重たくて聞けない……!

そんな風に悩む女性が筆者の周りにも大勢います。

 

3:付き合いはじめのデートにおススメの場所5つ

「付き合いはじめの不安を少しでも解消したい!」

そんな女性におススメの付き合いはじめのデートスポットをご紹介!

(1)お酒が入れば本音も出る「仕事終わりのディナー」

お互いの本音が見えるのは「少しお酒が入ったとき」。

仕事終わりに「ちょっと飲み行かない?」くらいの軽い気持ちでディナーデートに行きましょう。

お酒が入れば緊張がほぐれ、会話が弾みやすくなります。

(2)自然と彼の考え方が知れる「映画館」

付き合いはじめ、付き合う前は映画デートが断然おススメ!

「どうだった?」と映画の感想を言い合う中で、彼の価値観を知ることができるからです。

「あの2人なんであそこで別れちゃったんだろう。私だったら別れたくないなー。●●君だったら別れた?」と、上映後に感想を言い合う中で、自然と彼の考え方を引き出せるきっかけになります。

(3)ただ散歩するだけで♡「公園」

付き合いはじめは「ただ散歩する」公園デートもおススメ。

どうしてもお互い付き合うまでは「相手に好かれる自分」を演じ、いいレストランや定番のデートスポットなど、お金のかかる場所へ行きがち。

ムードが良かったり、アトラクションがある場所はそりゃあ、楽しいに決まっています。

だけど、それを毎回続けると、どちらかが疲れてしまいますよね!

付き合いはじめのデートのどこかで、特にノープランの「お散歩デート」を取り入れてみましょう。

ただ一緒に散歩するだけ、それだけでも楽しいと思えたら、きっとその恋は素敵な恋♡

どこに行っても楽しいと思える相手なら、素敵ですよね。

何もないけれど、彼と一緒に散歩して幸せだと思える、「好き」の気持ちを確かめるのにぴったりなデートスポットです。

(4)好みを知ることができる「ショッピング」

記念日や誕生日、クリスマス……恋人たちのイベントが訪れる前に、彼の好みを詳しく知りたいところ。

彼の好みを自然と知ることができるのが「ショッピングデート」です。

休日はドライブがてらアウトレットモールに出かけて、彼の好きなブランドをリサーチしたり、あなたの好みをアピールすることもできます。

(5)まったり「おうちデート」

そしてまったり「おうちデート」も外せません!

「生活空間」を知る、というのはとても大事。

一緒に料理をしたり、映画を見たりして、2人だけの空間を存分に楽しむことができるのはやっぱりおうちデートです。

 

4:付き合いはじめの上手なスキンシップの取り方3つ

付き合いはじめの不安に「スキンシップの取り方がわからない」というのもありますよね。

ここでは付き合いはじめ向け、上手なスキンシップの方法を見ていきましょう。

(1)手をつなぐのはデート終盤

まず、デートの際、恋人同士なら手をつなぐことがあると思います。

もちろん、全く手をつながないというカップルもいるかもしれませんが、付き合いはじめの第一段階のスキンシップはやっぱり「手をつなぐこと」。

できればさりげなく、当たり前のようにつなぐのが理想ですが、お互い探り探りの状態でタイミングをつかみづらいということも。

手をつなぐタイミングの理想は、「デート終盤」。ディナーのあとにさりげなくつなげるのがベストです。

(2)さりげないボディタッチ

男性からでも女性からでも、「ボディタッチ」をさりげなくデート中に取り入れて相手の様子をうかがう、というのがあります。

「ちょっと酔っちゃったな」といって、自ら誘っちゃう系女子は、やっぱりかわいい! さりげなく、だけれどあざとくデート終盤にボディタッチを取り入れたいもの!

(3)ディナーからの自然な流れを作る

カップルになれば「このあと、どうする?」なんていう展開はあるある。

デートの前日に「明日、俺んち泊まるよね?」と事前に確認があるのもいいですが、言葉にしなくとも、恋人同士になれば、当たり前の流れでそういう展開になりたいと考える女性が多いです。

そのため、ここは男性の腕次第!

彼女を気遣いながら、「いやらしく」なく、家に誘うのです。

「泊まる? 家来る?」というよりも、「まだ一緒にいたい」というロマンチックな言葉で誘い出して♡ もちろん女性からのアプローチもOK♡

 

5:30代は落ち着いている?付き合いはじめの男の心理2つ

続いて付き合いはじめの男性の心理をご紹介しましょう。

(1)「手に入った」安心感

もちろん、「大切にしたい」という気持ちはあるものの、男性からのアプローチで付き合った場合、好きな子が手に入った安心感で、今までマメだったLINEがマメじゃなくなる、ということも。

先述したとおり、付き合いだして、連絡頻度が減って悩む女性が多いですが、実はそれが彼の「素の姿」なのかも。

あなたと付き合えた安心感で、無意識のうちにそうなってしまっている可能性があります。

男性心理として「冷めた」わけではなく、落ち着いただけ、とも言えそうです。

(2)女性は好き度が上昇、男性は落ち着く

女性は、付き合い出してどんどん「好き度」が上昇していきますが、男性は「体の関係を持つ」までが「好き」のピーク。そのあとは、徐々に「好き度」は落ち着いていく傾向があります。

そのため(1)に加え、「大切にしたいけれど、付き合う前ほど熱量はなくなった」ということがあります。……が決してあなたに冷めたわけではなく、あくまで「落ち着いた」だけなのです。

 

6:まとめ

いかがでしたか?

付き合いはじめは不安になりやすい時期ですが、彼との幸せな時間が続くために最も重要な時期であると言えます。

上記を参考にドキドキワクワクの「付き合いはじめ」を楽しんでくださいね♡