シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

仕事で分かる!? 狙ってる男性社員が「悪い男かどうか」察知する方法

「男性に騙されたり裏切られたことがある?」という質問に対し、55.7%の方が“ある”と答えたというのが、トーキョー女子映画部の調査によって明らかになりました。

若い内ならそれを糧に次に活かすことができるかもしれませんが、年齢を重ねるごとにそんな経験は避けておきたいもの。

とはいえ働いていると職場や取引先などで素敵な男性を見かけることもありますが、どんな人なのか、いまいちわからなかったりしますよね。では、悪い男性にひっかからないように女性はどんなことに気をつけているのでしょうか?

そこで今回は、TSトーキョーの調査結果を参考に社内で狙っている男性が“悪い男ではないか”確認する方法をご紹介しましょう。

 

■仕事を対処する様子をよく観察する

気をつけていること第1位は、50.2%の方が“デート中など物事を対処する様子を観察する”と回答。とくに社内にいる男性であれば、仕事ぶりをよく観察することがポイントと言えそうです。

取引先に横柄な態度をとっていないか「ごめんなさい」「ありがとう」などがちゃんと言える人なのかどうか。また言葉遣いが悪くないか、普段の仕事をする態度を注意して見てみましょう。

 

■本人にさりげなく質問したり、さぐりを入れる

2位にランクインしたのがコチラ。仕事上では、関わりが少しでもある場合は困ったことを相談したり、ちょっとした質問をしてみた時の態度で判断してみてもいいかもしれません。

また調査では、“ネットで検索する。(20代前半)”“メールやSNSでの言動をよくチェックしています。書く内容に人柄が出ると思うので。(30代後半)”なども上がっています。

ふだん言葉に発していなくとも、何を考えているのかはSNSなどにあらわれることも多いため、さぐってみるのもオススメです。

 

■第三者に評判を聞いてみる

“自分だと恋のフィルターがかかった状態で相手を見ているので、他人の目で客観的に見てもらうことが必要。(30代前半)”と回答があるように、客観的に他人の評判を確認することも重要ですね。

とくに仕事では第三者の評判は得やすいもの。仕事の成績などはもちろん、直接仕事をしている部下の話などが聞けると、信頼を得ている人なのか、どのように仕事に向き合っているのか、その人の内面が分かるのではないでしょうか。

 

以上、社内で狙っている男性が“悪い男ではないか”確認する方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

なんとなく仕事ぶりから「かっこいいな~」と思っていても、じつは部下から嫌われていたり、仕事の仕方が雑だったりと、マイナスの部分があるかもしれません。

合コン等で知り合った男性よりもそのような点が発見しやすいのが社内の男性ですので、しっかり慎重にチェックしたいですね。

 

あわせて読みたい