シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

仕上げなのに…仕上がり台無しに!「フェイスパウダー」NG使用3例

ベースメイクのあとに使う“フェイスパウダー”。本来なら、メイク崩れを防いだり、きめ細かい肌を作り出したりするのに役立つはずなのですが、使い方次第では逆効果になることも……。

今回は、仕上げなのに仕上がっていない“フェイスパウダーのNGな使い方”についてお話していきたいと思います。

 

■1:パフ・ブラシが汚れている

パフ・ブラシにベースメイクやフェイスパウダーがついていると、均一に仕上がらないうえに、雑菌の影響で肌荒れを引き起こすことも。

より自然な透明感を出すためにも、パフやブラシは何もついていないものを使うのがベスト。「毎回洗うのは難しい」という方は、2~3日に1回洗うだけでもメイクの仕上がりが変わってくるでしょう。

 

■2:直に肌にのせる

パフやブラシにとったフェイスパウダーをそのまま肌にのせては、“つけすぎ”になってしまいます。フェイスパウダーのつけすぎは、厚塗り・メイク崩れを引き起こすので、手の甲にクルクルしたり、押し付けたりして粉の量を調整してからのせましょう。

 

■3:いったりきたりする

ベースメイクもそうですが、フェイスパウダーも一定方向にのせるのが鉄則。上下左右にいったりきたりさせると、ムラになります。顔の中央から外側に向けてのせてください。重ね塗りをするときも同様です。

 

以上、フェイスパウダーのNGな使い方をお伝えしました。「仕上がりがイマイチ」という方は、フェイスパウダーを変える前に“使い方”を変えてみてはいかがでしょうか。