シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

今年のX’masに「彼がプロポーズしてくる」可能性を徹底検証

ラブな彼からのプロポーズを、「今か今か」と心待ちにしている女性もいますよね?

肌寒くなってきて人恋しい時期でもありますし、クリスマスイブには「僕と結婚してくださいっ」なーんてロマンチックなサプライズプロポーズがあるかも!? と期待しちゃってる女子もいるのでは?

キレイな夜景を眺めながら、キラキラのダイヤモンドの指輪を差し出された日には……! 嬉しくて飛び上がっちゃう女性も少なくないでしょう。

では、今年のクリスマスにラブな彼がプロポーズしてくる可能性って、どのくらいあると思いますか?

 

■既婚男子の4割しかプロポーズ自体していない!

『アニヴェルセル総研』が、23歳から39歳の既婚男性300名にプロポーズについて調査してみると、「しっかり準備してプロポーズをした」というひとが43.0%、「なんとなく言葉で伝えてプロポーズした(プロポーズしなかった)」が57.0%となったそう。

映画やドラマのようなちゃんとしたプロポーズは、およそ4割の男性しかしていなかったのが実態のよう。

今年のクリスマスにドラマチックなプロポーズを期待していても、実際に夢が叶えられる可能性は……極めて低そうです。

 

■プロポーズしていない自分を「後悔しない」

照れくさいのか、ガラじゃないと思うのか……、しっかりとプロポーズしてくれる男子って女子が期待するより少ないよう。

でも、一生に一度の大切な約束なのに、きちんとやらなかった自分に後悔はしないのでしょうか? 「男なら、正面切ってプロポーズすべき!」って思う女性もいますよね?

同調査で、「なんとなく言葉で伝えてプロポーズした」つまり、プロポーズしなかった男性171人に後悔の有無を尋ねてみると、「後悔している」は22.2%にとどまり、「後悔していない」が77.8%と圧倒的なんです。

どうやら、プロポーズしなかったとしてもそんな自分を反省してくれる男子は超・少数派といえそう。

 

いかがですか?

結婚を申し込む大事な儀式=プロポーズと考える女性は多いですよね?

にもかかわらず、多くの男性はちゃんとしたプロポーズはしてくれないのが現実のよう。

今年のクリスマスにラブが凝縮されたロマンチックな求婚を期待していても、ドラマのようなプロポーズシーンが叶う可能性って極めて低そうです……。

 

【参考】