シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

今年こそ水着で勝負!スリムな太ももは「内転筋」で手に入れる!

7月に入り、プールや海のお誘いも増えつつある今日この頃。でも、下半身のどっぷり感に悩んでいる人も多いのでは? 今日は、細くてまっすぐな太ももを手に入れたい人におすすめの、電車やデスクワーク、お家で簡単にできる内転筋トレーニングを紹介します!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■細くてまっすぐな太ももを手に入れる秘訣は内転筋!

太ももの印象を左右するのは、太ももの内側にある「内転筋」という筋肉。この筋肉が衰えると、ももやお尻のたるみの原因にもなり、だらしなくボリュームがある下半身に。引き締めると太ももが一気にほっそり見える上に、O脚も改善できるのだとか。内転筋を鍛えるには、ももの筋肉を内側に押し合う力が必要になります。


■日常生活で「内転筋」を鍛える簡単おすすめ行動3つ

(1)電車できっちり脚を閉じて通勤

電車で脚を広げて座っている女性は不恰好ですが、それは内転筋が弱っている証拠でもあるのだとか。毎日の通勤できっちり脚を閉じることを意識することによって、日々自然に内転筋を鍛えることができます。


(2)脚を組まずにデスクワーク

デスクワーク中、無意識に脚を組んでいませんか? 脚を組んでいる時は、内転筋の力が完全に抜けきっている状態。脚を組まないように意識するだけで、内転筋への力の入り方がぐっと変わるはず。


(3)家では太ももでペットボトルを挟んで過ごす

さらに内転筋を鍛えたい場合は、内転筋に対して負荷をかけるのが正解。ペットボトルや辞書などを太ももに挟んでテレビを観たり、食事をすることで、理想の内転筋に近づけるはず。


すらっと伸びる細くてまっすぐな脚を手に入れるためにも、内転筋を意識して鍛えてみてくださいね。


(前田紀至子)

【参考】
専門家の声 湯浅 景元 – MOMOLADY
内転筋軍とは – フィットネス辞典 – 東急スポーツオアシス