シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

今では黒歴史! 恋愛でやらかしてしまったことって?

誰だって、思い出したくない恋愛のひとつやふたつの記憶はあるもの。「なんであんなことしちゃったんだろう」「やらかしちゃったなぁ」なんて後から思うこともあるのではないでしょうか? ここでは、そんな黒歴史について聞いてみました。

恋愛の黒歴史あるある

元彼のことを毎日待ち伏せ

「元彼のことがどうしても忘れられなくて、彼の最寄り駅の改札で毎日待ち伏せしてた。会えた日は泣きながらあやまって、追い返されて、今思えばストーカーみたい……。今では共通の友達に笑い話にされているけど黒歴史すぎる……」(20代/IT)

▽ 好きすぎるあまり彼のことを毎日待ち伏せ。嫌がられているにもかかわらず、自分の気持ちを押し付けていた日々は振り返ってみると恥ずかしいものです。彼にすがりついて「やりなおしてほしい」と公衆の面前で泣いて訴えるのは確かに黒歴史かもしれませんね。

社内の男性社員のほとんどと寝る

「大失恋がきっかけでショックを受けて、誰とでも寝る女に。社内の男性を片っ端から誘って、会社の人からは白い目で見られていたなぁ……。最終的には気まずくなって辞めた。転職先で出会った男性と入籍するけど、あの頃の私を知っている元職場の人は結婚式には呼べない……」(30代/人材派遣)

▽ 失恋のショックがきっかけとはいえ、近くにいる社内の男性ほとんどと寝てしまったというのはすごいことです。もちろん噂にもなるし、周りから白い目で見られてしまうことも。それでもいいからと寂しさを埋めたかったのかもしれませんね。今付き合っている人には知られたくないものです。

初デートでオナラ

「学生時代、初デートで彼の家へ。途中、お腹が痛いって言えなくて我慢していたら巨大な音のオナラが出ちゃった。相手の男の子もどうリアクションしたらいいのかわからなくて、お互いに気まずい時間を過ごした。私は恥ずかしすぎて、そのままフェードアウト」(20代/広告代理店)

▽ 恋愛はときにかっこ悪いもの。我慢するあまり、お尻に力が入ってオナラが出てしまったようです。慣れ親しんでいない相手だと、オナラに対するリアクションも難しいもの。恥ずかしすぎてその後連絡をとれなくなるというのもわかる気がしますね。

願えば叶うと信じて毎日お祈り

「クラスの人気者を好きになって、好きで好きで恋愛本を読み漁ってた。そうしたら自己啓発本のようなものに“強く願えば望みを引き寄せられる”って書いてあって、その日の晩から毎日のように祈ってた。当然、人気者の彼とはほとんど話したことがないし、願っただけじゃ全然叶わなかったよ……(笑)」(20代/公務員)

▽ 当たり前ですが願っているだけでは叶いません。自分で行動してこそ現実は変わっていくもの。一方的に思っているだけでは届かないのが現実なのです。

引きすぎて失敗

「押してダメなら引いてみろって友達からの言葉のアドバイス通り、引いて引いて引きまくったら相談していた友達に好きな男の子を奪われたこと。あれは友達の作戦勝ちだったな……。今思い出しても悔しい!」(20代/保育士)

▽ 友達の策略にまんまとハマってしまったことを後悔しているそうです。たしかに、引いている間に友達に奪われてしまうのは悔しいですね。