シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

人嫌いになった…人嫌いかどうかがわかる診断と人嫌いでもできる仕事

1:人嫌いになったから転職したい…

「人間関係がうまくいっていなくて仕事にいきたくない」とか、「職場でイヤなことがあって人嫌いになってしまったから転職したい」……そんなふうに考えている人は、少なくないものです。

もちろん、特定の誰かが嫌いになっただけの場合や、もう誰とも関わりたくないと思った場合など、「人嫌い」の種類もさまざま。

「人と関わるのに疲れたから、なるべく人と関わらないで済む仕事に転職したい」という話も、社会人数年目ごろにチラホラ聞こえてきたりします。

 

2:人嫌い診断!人嫌いな人に出る特徴5つ

人嫌いな人にはどのような特徴があるのでしょうか。ご紹介します。

(1)コミュニケーション能力が低い

そもそも人と会話をすることに対してネガティブな感情を持ってしまったり、人見知りをしてしまったりして、話すこと自体にストレスを感じてしまう人は人嫌いだといえるでしょう。目を見て話すことができない、という人も多いです。

(2)自分の容姿に自信がない

自分の容姿に自信がなく、「今どう思われているか」など、いちいち会話とは関係ないことまで気になって仕方がないような、自意識の強い一面をもっているのも、人嫌いの特徴です。

(3)「自分は嫌われている」という被害妄想が強い

勝手に「自分はやっぱり嫌われてるよな」などと思ってしまい、「話しかけるなオーラ」を作ってしまうという人も。

自分が作り出しているオーラのせいなのに、「誰に誰にも話しかけてもらえないということは、やっぱり嫌われているんだ」と被害妄想が膨らみます。

(4)怒られたり嫌がらせされたりしたことをずっと覚えている

過去に怒られたことや、嫌味を言われたことをずっと根に持っているのも、人嫌いの特徴です。人にされたいいことよりも、イヤなことをよく覚えてしまうのです。

(5)熟考してアイデアを生み出せる

対人関係が苦手というと、ネガティブなイメージが強いですが、ひとりで考える時間を多くもてるので、思考能力に秀でていて、アイデアを創出するのが得意な人も多いです。ものごとを真剣に捉える、真面目な人が多いのも特徴でしょう。

 

3:人嫌いな人に向いている仕事5つ

人嫌いな人に向いている仕事というのはあるのでしょうか。世の中にある仕事のほとんどは人と人との関わりの中で生まれています。

人嫌いな人にとってはつらい生き方を強いられる社会ですよね。でも、比較的人と関わらないで済む仕事がないわけではありません。ご紹介しています。

(1)データ入力事務

パソコンでデータを打ち込む作業がメインのデータ入力の仕事は、明確な作業目的とその性質上、あまり人との関わりがなくできるでしょう。

経理関係や商品の在庫管理などが主ですが、最初に材料を受け取れば、自分のペースで、ひとりで進めることができます。単調な作業が得意という人にも向いています。

(2)プログラマー

専門的な知識を身に着けることができれば、独立もできるプログラマー。

クライアントとのやりとりや打ち合わせはありますが、孫請けのプログラマーなどであれば指示出しもメールベースだったりするので、ほとんどPCの前でひとりでやる仕事です。

(3)長距離トラックの運転手

男性の転職先としても昔から人気のあるトラック運転手。運転しているときはほとんどひとりなので、余計な人間関係にとらわれることは少なくて済むでしょう。

運転が好きで、夜勤が苦でない人からすると、とてもいい仕事かもしれません。

(4)WEBライター

WEBライターも、PCひとつでできる仕事のひとつ。さまざまなタイプがあり、取材が必要な場面もありますが、選択すれば在宅でのひとり作業も可能です。

また自社メディアを立ち上げて、アフィリエイトなどで稼ぐことも可能です。翻訳や小説家などとも共通しますが、言葉を扱う仕事は基本的にひとりで作品を最初から最後まで作り上げることができるのが最大の魅力です。

(5)投資家

筆者の知り合いで、会社員時代からコツコツ株式投資をはじめ、今では専業投資家として活動している人がいます。モニターの前で株価の動向を見守り、1日誰ともしゃべらない日があるのが普通なのだとか。資産運用をしている人は、投資がうまくいけば会社を辞めたい!と思っている人も多いようです。

 

4:恋愛もできない…人嫌いの治し方は?

人嫌いの人は恋愛もできない…というイメージがありますよね。そもそも人が嫌いなのに、深く人と関わるような恋愛をすることはとても難しいこと。だからこそ、「人嫌いを克服したい!」という人も多いですよね。

でも、筆者はライターとして多くの人と関わりをもつ中で、人嫌いな人こそ、人の本質をよく知っている人が多いのではないかと思います。人をよく見て、人のイヤな部分をよく知っているからこそ、人が嫌いになってしまう……。そう考えると、適当な八方美人タイプよりも、人嫌いのほうがずっと人間的な魅力があります。

わざわざ人嫌いを直そうとするのではなく、人嫌いを自分の長所だと思って、生きづらさを抱えているからこその職業や、恋愛の相手を探せるのがベストだと思います。

人嫌いなのに、必死に人たらしを演じても、いつかきっと疲れてしまいますから。

 

5:人嫌いは長所

「人嫌いな自分は社会不適合者じゃないか」と生きづらさを感じている人は多いと思います。

でも人嫌いだからこそ、人のやさしさを知っていたり、人の本質を見抜く能力をもっていたりするものです。

自分に合った仕事や、自分を理解してくれる人に出会えれば、人嫌いはとっても素敵な長所になるのではないでしょうか。