シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

人前でのボディタッチはNG! 男子が困っている「彼女の癖」4選

「恋は盲目」という言葉もあるように、恋愛においてはしばしば相手の欠点が見えにくくなるもの。彼女に対しての許容範囲が広く、ついつい甘い対応をしてしまう……という男性も少なくありません。しかし、時には「さすがにそれは直したほうが良いのでは?」と感じることもあるよう。
今回は、男性たちが困っている彼女の癖についてご紹介していきたいと思います。

TPOを考えないボディタッチ

「2人きりのときに甘えられるのはうれしいけど、ところ構わずボディタッチをするのはやめてほしい。外出先や友達との飲み会など、『今はそのタイミングじゃないだろ!』と思うことが多々ある」(29歳/メーカー勤務)

▽ 空気の読めない彼女のボディタッチにうんざりしているという男性。常にベタベタしていると新鮮味もなくなりますよね。普段はシャキッと、2人きりのときは甘える……こんな風にメリハリをつければ、彼をドキッとさせられるかも。

LINEの頻度が高すぎる

「『今何してる?』LINEや、スタンプの連打をしてくる彼女。付き合い始めのときは頑張って返信していたけど、毎日のこととなると正直疲れる……。返信が遅いと怒られるのもつらい」(27歳/金融)

▽ 彼氏のことを好きすぎるあまり、過剰な連絡をしてしまっていませんか? 返信を求める、求めないに関わらず、多すぎる連絡は相手の負担になってしまうので気をつけましょう。

デートのドタキャン

「彼女のドタキャン癖に悩まされている。デート当日の朝に『やっぱり今日無理!』と言われたことも一度や二度ではない。彼女のことは好きだけど、もしこの癖がなおらないなら今後の付き合いを考えたい」(26歳/IT関連)

▽ 彼氏が優しいからといって、甘えすぎてはいけません。ドタキャンを繰り返すうちに、彼氏の中でのあなたへの信頼度はどんどん下がっていきます。親しき中にも礼儀あり……身近な存在だからこそ、一度した約束は絶対に守りましょう。

気分の上下が激しい

「いやなことがあった日や生理前など、てきめんに機嫌が悪くなる彼女。気持ちや体調が優れないのはわかるけど、俺に当たられてもどうしようもないので勘弁してほしい……」(29歳/不動産)

▽ さっきまで笑っていたと思えば次の瞬間には怒っている……そんな感情の起伏が激しい彼女に困っているという男性も。気分がのらないときは、あえて彼に会わずに1人ですごしてみても良いかもしれません。

まとめ

男子たちが困っている彼女の癖についてご紹介してきました。もしも思い当たる節があったら、早急に改善する必要がありそうです。相手が自分のことを好きだからといって、なんでも許されると思ってはいけません。大切な彼氏にいやな思いをさせてしまわないよう、みなさんも普段の行いを振り返ってみてはいかがでしょうか。