シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

人の気持ちがわからない人の原因とは?自分勝手で思いやりのない男との付き合い方

1:人の気持ちがわからない人っていますよね…

人の気持ちがわからない人が身近にいると、何かと振り回されたり、イライラしてしまいしがちです。

距離を置けるような人ならいいですが、親しい間柄にそんなタイプがいると、対処にも困りますよね。

 

2:自分勝手?人の気持ちがわからないと思われがちな人診断7つ

そこでまずは「人の気持ちがわからない」と思われがちな人の特徴をご紹介します。なぜ人の気持ちがわからないのでしょうか。その原因もあわせて紹介します。

(1)自分を優秀だと思っている

自分のことを優秀な人物だと思っているなど、自己評価が高い人の中には、知らないうちに身近な人を傷つける言動をする人もいます。

このタイプには「自分は優秀、でもまわりはみんなバカ」と極端な思想をもっています。それが原因で周囲に失礼な発言を繰り返してしまうのです。

(2)他人に無関心

他人に無関心なタイプにも、自分勝手と思われてしまうところがあります。

他人からどう思われようと気にしないので、基本的には我が道を行くことが多く、結果、周囲を振り回す発言や行動を繰り返します。

(3)視野が狭い

視野が狭い人は、世の中を知らないことから、発言や行動が偏りがち。

他の人の考えや行動を理解しようとする姿勢にも欠けるため、人の気持ちを理解する習慣がそもそもなかったりします。

(4)被害者意識が強い

自分が傷つけられることに敏感すぎる人にも、人の気持ちがわからないタイプが少なくありません。

このタイプは、一見すると、人の痛みに寄り添いそうに思えるのですが「こんなに傷つけられたんだから、正当防衛したい」「私を傷つけるなんてひどい。仕返ししてやる」と、自意識が暴走しがちです。そして自分勝手な振る舞いにも走ってしまうのです。

(5)固定概念に縛られている

固定概念に縛られているタイプも、「〜するべきだ」「こうあるべきだ」と自分の中での固まった考え方により、発言や行動が狭まりがちです。

自分と同じ考えの人間とならわかり合えますが、違った考えの人が現れると、人の気持ちに寄り添うことができません。そのことから、自分勝手な人と捉えられてしまうかもしれません。

(6)想像力に乏しい

映画や小説などで登場人物に上手に感情移入できない人には、想像力が乏しい可能性が。こうなると、他人の気持ちを想像して寄り添うことができないので、人の気持ちを理解することは難しくなるでしょう。もしかしたら、人間関係でも問題を起こしやすいかもしれません。

(7)幼稚

幼稚、つまり大人になりきれてない人も要注意。基本的にわがままな性格をしているので、人の気持ちがわからない言動を繰り返す人が多いと言えるでしょう。

 

3:人の気持ちがわからない彼氏・旦那と付き合う方法5つ

ここまで、人の気持ちがわからない人の特徴について見てきました。もしパートナーがそういう人だったら、どうやって付き合えばよいのでしょうか。

(1)いちいち本気で受け取らない

人の気持ちがわからない言動をするパートナーに対して、いちいち真剣に受け止めていたら、身がもちません。

いちいち本気で受け取らず、嫌なことをされたり言われたりしても、さらりと流す心がけも自己防衛策です。

(2)許せないときには指摘する

どうしても許せないことをされたときには、スルーせずに、きちんと指摘する意識も重要です。

話せばわかるタイプであれば、この積み重ねにより改善する可能性もゼロではありません。

(3)期待しない

相手に期待しないのも方法です。期待するから裏切られた気分になりやすいもの。そもそも期待しないでお付き合いしていくのも選択肢なのです。ちょっと寂しい話ではありますが……。

(4)あえて同じことをしてみる

やられて嫌だったことを、あえて本人にやり返す、という方法もあります。「目には目を」の理屈です。

ただし、収束せずに大きなトラブルに発展するリスクもあるので、実行するときはよく見極めて。

(5)自分の感情を話す

「こんなことをされて悲しかった」など、されたり言われたりしたことで、自分がどう感じたのかを言葉にして伝えてみることも重要です。

相手に気づきを与えることができれば、改善への道しるべになるでしょう。

 

4:彼女・妻から「あなたは人の気持ちがわからない」と言われたら?治し方は…

もし、自分のパートナーから「あなたは人の気持ちがわからないよね」と言われたら、大変なショックでしょうし、落ち込んでしまうことでしょう。

そんなとき「そんな性格を直したい!」と思う人も多いでしょう。

もし、そんなふうに言われてしまったなら、まずは相手の気持ちや感情を観察することから始めてみることをおすすめします。

自分が何かを言ったりしたりしたとき、相手がどんな返事をしたのか、どんな表情だったのかを細かく観察するようにすると、自分のどんなところが原因で相手を傷つけているのかがわかりやすいでしょう。

 

5:人の気持ちがわからないのは無自覚者も多い…

「人の気持ちがわからない人」は、もしかしたら思った以上に多いのかもしれません。本人はそのつもりがなく、むしろ「自分は、人の気持ちがわかる人」だと思っている場合も。

「ひょっとして、自分も!?」と心配になった人は、相手の気持ちに寄り添うように心がけるだけでも、人間関係が円滑に進むようになるかもしれません。