シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

人の彼を寝とる女子の特徴!人の彼を寝とる方法を知ってNTR回避

1:寝取るの意味は?英語で言うと?

まずは、「寝取る」というこの言葉の意味から見ていきましょう。辞書で調べてみると……。

ね‐と・る【寝取る】

他人の配偶者・愛人と情を通じて、自分のものとする。「妻を―・られる」

〈出典:デジタル大辞泉(小学館)〉

つまり、結婚していたり、付き合っている人がいるのを知っていながら体の関係を持ってしまうことです。類義語に不倫や略奪があります。また最近ではネットスラングで「NTR」と書いて「ネトラレ」と読みます。

ちなみ「NTR」は当然英語ではありません。もし英語で表現するなら、「盗む」を表す「steal」を使って、「steal one’s husband」「steal one’s wife」など言えば伝わるでしょう。

また「cuckold」という言葉もあります。これは「不貞の妻を持った夫」つまり「寝取られ男」を表します。これは古いフランス語の「cuckoo」、つまりカッコウに由来していて、カッコウは巣を作らずに卵を産むため、不貞行為の象徴として考えられていたことの起因するそう。

一般的に、人の恋人などを寝取ることは卑劣な行為とされています。しかし、隣の芝生は青いといわれるように、他人のものはよく見えてしまうということは多々あります。それが友人や先輩・後輩といった近い関係の人であればなおさらです。

また、他人のものを奪うことのスリルを感じてしまい、背中を押されるという人もいるでしょう。

でも、取られたほうとしてはたまったものではありません。寝取った相手が友人であれば、最愛の恋人と友人を同時に失うのですから……。

今回はそんな「寝取り女子」について。人の恋人を寝取ってしまう女の特徴と、彼女たちの寝取る方法をお教えします。

 

2:人の彼を寝取る女の特徴5つ

「彼女がいたってどうだっていい! だって好きなんだもん♡」といわんばかりに、恋人がいる男性にちょっかいをかけてしまう最低女の特徴を見ていきましょう。

(1)自分に自信がある

恋人がいる人を振り向かせるのは、フリーの人を振り向かせるよりも一般的には難しいです。

つまり、寝取り女子は、そのぶん自分に自信があるということ。自分ならば、彼女持ちだって振り向かせることができると思っているのです。

そして、実際に寝とることができれば、その人の恋人に勝った気になり、さらに自信は倍増。寝取った男の数に比例して、ますます自信をつけていくのです。

(2)チヤホヤされたい

恋人のいる男性や既婚者である男性にチヤホヤされたとき、「ちゃんと相手がいるくせに言い寄るってくるなんて最低!」と不快に感じるのが普通の感情。

しかし寝取り女は、相手に関わらず男性にチヤホヤされたいと思っている、大の男好きです。

自分のことを好きになってくれるならば、それがどんな人であってもどうでもいいこと。相手に特定の人がいるかどうかなどは、寝取り女にとって気にするポイントにはならないのです。

(3)影響を受けやすい

寝取り女には、人の影響を受けやすいタイプも多いです。

ファッションでも本でも映画でも、他人がいいと言っているものを自分もいいと感じてしまう……。そんな性格のため、友人の好きな人の話を聞いているうちに、自分もその人を好きになってしまうというわけです。

(4)露出の高い服を好む

露出した服を好み、恋人や既婚者がいる男性の前にも関わらずセックスアピールの激しい人。これも寝取り女の特徴といえましょう。

エロいアピールをされてしまったら、男性はたまったものではありません。うっかり手を手を出してしまうということもあるでしょう。男性の目当ては体だというのに、モテていると勘違いしてしまうというのも、寝取り女の特徴かもしれませんね。

(5)割り切った関係が好き?

特定の人がいる男性とのお付き合いは、自分はあくまでも2番目。割り切った関係性になることが多いです。でも、その関係でもいいからと、寝取り女になる女もいます。ガチの恋愛は重いと考える女性も寝取り女になりがちですが、「本当に好きだから2番目でもいい……」という重い人生観をもつタイプもいます。

いずれにしても、この手の女性とうっかり関係をもったが最後。付き合いが長くなればなるほど、彼女たちには「1番になりたい」欲が出てきます。

そしてだんだんと束縛が強くなり、そして、最終的には刃物沙汰も辞さない重た~い恋愛に。泥沼となり、恋人や奥さんとのトラブルにまで発展することも少なくありません。

 

3:人の彼を寝取る方法5つ

好きになった人に彼氏がいた…というときは、普通であれば諦めるタイミングですが、「どうしても奪いたい……」と思ってしまったときにはどうしたらいいのでしょう。寝取り女の寝取り方から考察してみましょう。

(1)相談に乗るふりをする

まずは好きになった相手に、自分の存在を印象づけ、そしていい人であることをアピールしなくてはいけません。そのためには、相手の相談に乗るふりをして、親しい関係になるのがコツ。とくに恋愛の相談などがいいですね。

良き相談相手に徹していれば、相手も安心して彼女についての愚痴を話し始め、そのうちふたりきりで会う機会も。そして、相手が弱音を吐くタイミングなどを見計らいつつ、ガードが緩んだ際に、「私だったら、もっとあなたを大切にしてあげられるのに……」とポツリつぶやくというテクニックを駆使するのです。

(2)セックスアピールで誘惑する

男性は、好きな人がいようといまいと、セクシーな女性には弱いです。色っぽい声、キスしたくなる唇、何度も組み替える脚、さりげないボディタッチ……。下心を刺激する行動はたくさんあります。

そして案外、特定の人がいる男性のほうがセックスレスだったり、恋人や奥さんとマンネリ気味で夜の関係がうまくいっていないという人も多いです。

なので、軽く誘惑すれば、簡単にその誘いに乗ってくる人も多く、実は寝取りは難しくないという一面も。ただし、ワンナイトで終わったり、セフレ認定されがちという面は否めませんが。

(3)相手の女に気を許させる

好きな人に彼女がいる場合、攻略するべきはその彼女かもしれません。なぜなら、女は女の思惑や行動に敏感。寝取ろうとしている目論見に気づかれれば、男性に「即刻関係を切れ」と言ってくることでしょう。

そのため、女性を懐柔する作戦も重要。女子同士で仲良くなり、親友を装うのです。そして彼女のほうに「〇〇さんなら安心。ふたりっきりで会うにしても、何かあるなんでありえない」と思い込せられれば大成功!

(4)謙虚なキャラを演じる

最初は、「2番目でもいいから……」と謙虚に関係を持つことを促すのも常套手段のひとつです。欲張りな男性であれば、「2番目なら」「割り切れるのなら」と承諾してくれる可能性が高まるでしょう。しかし、2番目だろうがなんだろうが、関係が始まってしまえば、それから先は寝取り女子のペース。

男性は新しいものが大好き。彼女や奥さんよりも、新鮮なこちらのほうが優位なのです。タイミングを見て「そんな女とは別れたほうがいい」と背中をポンッと押せば、あっという間に陥落させられるかも。

(5)責任感を持たせる

社会的な男性であればあるほど、「責任」という言葉を重く受け止めます。正直、責任はなんでもいいんです。自分のことを好きにさせてしまった責任、セックスをした責任、最悪な場合には子を身籠らせてしまった責任などなど……。

コトを重大にして相手に責任感を負わせるように仕向けるのも、寝取り女のテクニックのひとつ。これを学ぶか学ばないかはあなた次第ですけれど……。

 

4:まとめ

筆者個人の意見として、「寝取る」というのは最低な行為です。

ですが、好きな人に恋人や奥さんがいても「どうしても彼が好き……」という人は以上のことを参考にしてみてるのもひとつの選択。しかし、世の中というのは因果応報なもの。寝取れば、いつかは別の女に寝取られるのがオチだとは思いますが……。