シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

二つの違いは? 飯能市に新決定「ムーミンテーマパーク」と、同地に前からある通称「ムーミン公園」!

mapai1
ポーチでも注目してきた「ムーミンテーマパーク」の建設地が、ついに30日発表されました。今から2017年のオープンを心待ちにしている人も多いはず!

ところで気になることがひとつ。埼玉県飯能市には、今回新しくできる「メッツア」のほかに、元々ある「あけぼの子どもの森公園」・通称「ムーミン公園」があります。同じ飯能市ってことは、この2つの施設、同じところにできるの? っていうか、飯能市は完全にムーミン谷になるんだね! いいなあ〜! 

もしふたつのパークが併設されるなら、どっちもすぐに行き来できて楽だなァ〜なんて。

【 ふたつのパークは約5キロ 離れている! 】

ふたつのパーク、実は約5キロ離れています(地図直線上の数字なので実際はもう少し離れています)。なんだ、同じ場所じゃないのね。

飯能駅(西武池袋線・西武秩父線)をちょうど境にして、南北にほぼ同じくらいの距離に位置。北は、新施設「メッツア」。南は「あけぼの子どもの森公園」。ンー、飯能駅に着いてから、どっちに行くか迷っちゃいそう!

【 そもそも運営が違う! 】

「メッツア」を運営するのはフィンテックグローバル株式会社(フィンテック社)。一方、「あけぼの子どもの森公園」は市が運営しています。ちなみにフィンテック社の社名は、「ファイナンスとテクノロジーの語を組み合わせた造語」ということで、フィンランドの「フィン」じゃないんだってさ!

【 新テーマパーク「メッツア」まとめ】

新テーマパーク『Metsä / メッツア(フィンランド語で「森」を意味する)』は、「埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリア」に建設予定。施設の面積は約18万7000㎡で、東京ドーム約4個分の広さ! 雄大な自然のなかで、ムーミンの世界を体験できるなんて夢のようです。

・ふたつのゾーンがある!
宮沢湖の左右に、二つのゾーンに分けられています。ムーミンゾーンでは、「物語の世界を楽しめる施設やショップ、レストラン」を展開。パブリックゾーンでは、「誰でも無料で日常的に親しむことができる公園としての機能」を楽しめるそうな。

【 一方、「あけぼの子どもの森公園」のムーミンっぷりもハンパない 】

「あけぼの子どもの森公園」の存在を知らなかった方も多いと思いますが、ネットに掲載されている施設の画像をみると、緑のなかにムーミンのおうちなどがチラホラ建っていて、ムーミンの世界観がスゴいっす。こんな公園があったなんて……!! 

公園の看板に書かれた情報によると、「平成3年(1991年)に建設大臣より指定を受けた都市公園」なんだそうです。「ムーミン屋敷」「水浴び小屋」「子ども劇場(多目的ホール)」「森の家(ムーミン資料館)」などがあるそうで、大人でも冒険したくなっちゃいますよ、コレ! もちろん入場料無料なのが嬉しいですわ。

【 つまりこういうこと! 】

いうなれば、「メッツア」は深く広い自然のなかで本格的なムーミン世界を楽しめ、「あけぼの子どもの森公園」は程よい自然のなかで気軽に世界観に触れられる、という感じかもしれない。

ムーミン谷に完全にのめり込みたいならメッツア、軽くピクニックする程度なら子どもの森公園、といったところかな。

【 二つのパークはこう回るといいカモ予想 】

ふたつのパーク、せっかくだし同じ日にどっちも行きたいッ! 勝手に考えてみたんだけど、こんな1日を過ごすのはどうかな。

—————————–
午前:最寄り駅に到着!

まずは急げ「メッツア」のムーミンゾーンへ! オープンと同時の、まだ人が混みきらいない時間帯にサっと施設を見て歩くのだ! お土産にムーミングッズを物色〜♪

気になるレストランに入ってブランチタイム。ムーミンママのお料理を想像しながらムーミンご飯を食べよう♪

昼:人々がレストランなどにおしかけてくるはずなので、入れ替わって「メッツア」のパブリックゾーンに移動!

ジョギングしたりお昼寝したりムーミンの本を読んだり…、とにかくムーミン谷の大自然のなかで自由に過ごして日頃のストレスを思う存分発散だ! にょろにょろが会いに来てくれるかもしれないよ。

「ぐぅ〜…」小腹が空いたら、大自然のなかで鳥のさえずりを聞きつつ、自作のお弁当を食べる! イタズラッ子のスティンキーに食べられないようにね!

14時半頃:もうちょっといたいなァ〜…と思うところで切り上げよ! 次回来るときのためにも腹8分目がグッド。スナフキンも一緒に行くかい?

お次は、もうひとつのムーミンパーク「あけぼの子どもの森公園」へ移動! 

小道を散策しながら、ムーミンのおうちに入ったりして、またまたムーミン谷を満喫! ミィーやムーミンたちと一緒に散策している気分で♪ 木陰で休んだりして、不思議な世界を楽しむのだ!

17時閉園。帰宅! 遅すぎず早すぎず、良い時間だ!
—————————–

というような感じで過ごせば、ムリなく満喫できるのではないかなと思います。いや、完全に妄想ですが。2017年のオープンを前に、まずは「あけぼの子どもの森公園」へ行ってみては? 静かなるムーミン谷・飯能を満喫するのは今しかないかもしれないですよ。

「Metsä(メッツア)」(2017年オープン予定)
建設予定地:埼玉県飯能市宮沢

「あけぼの子どもの森公園」
所在地 :〒357-0046 埼玉県飯能市大字阿須893番地の1
開園時間:午前9時~午後5時
休園日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日)
最寄り駅:西武池袋線 元加治駅下車 徒歩20分

参考:飯能市公式サイト「あけぼの子どもの森公園」、ムーミン公式サイト
地図:Google マップ
執筆=める/ 画像=Pouch(c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 二つの違いは? 飯能市に新決定「ムーミンテーマパーク」と、同地に前からある通称「ムーミン公園」!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事