シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

乾燥の季節にも。コンビニ食材だけでできる「美肌食」レシピ

今やコンビニで調達できるアイテムだって、ヘルシー志向を十分満たせるのはご存知ですか? 帰宅時間が遅くなってしまってもコンビニで材料をそろえられて簡単、ヘルシーかつ肌にもいい食事を、管理栄養士で料理研究家の五十嵐ゆかりさんに教えていただきました。買ってそのままでなく、簡単ひと手間でおいしい美肌食に変身。ぜひお試しあれ!

レンジで簡単! 鮭おにぎりで簡単時短なトマトリゾット

乾燥の季節にも、肌のカサつきを予防し、美肌の維持に貢献するレシピにしました。

整腸作用が期待できる発酵食品のみそ、ひじきの食物繊維、肌の調子を整える働きが期待できるトマトのβ-カロテンやビタミンC、ナッツのビタミンEを合わせて摂ることで、それぞれの働きが合わさって、乾燥肌の予防への貢献が期待できますよ。

<材料>1人分
鮭おにぎり...1個
ひじきの煮物...40g
トマトジュース...100ml
オリーブオイル...小さじ1
みそ...小さじ1
ミックスナッツ(できれば無塩、なければ有塩も可)...10g

<作り方>
1.ミックスナッツは粗みじん切りにする。
2.耐熱ボウルに鮭おにぎり、ひじきの煮物、トマトジュースを入れてふんわりラップし、600Wの電子レンジで3分加熱する。
3.オリーブオイル、みそを加え、おにぎりを崩して混ぜ合わせたら器に盛り、刻んだナッツを散らす。

 

 

サラダチキンともずく酢でサンラータン風

サラダチキンや豆腐、卵のたんぱく質、整腸作用が期待できるもずく酢の食物繊維は、肌のターンオーバーを助けて乾燥肌を予防するなど、美肌への貢献が期待できます。

また、卵は食物繊維やビタミンCを除く多くの栄養素が含まれているため、栄養バランスをよくして、美肌づくりをサポートしてくれます。

<材料>1人分
サラダチキン...1/2枚
豆腐そうめん風(めんつゆ付属)...1パック
卵...1個
水...150ml
もずく酢...1パック
ラー油...適量
塩、コショウ...適量

<作り方>
1.サラダチキンは食べやすい大きさに手でほぐす。卵は溶きほぐす。
2.小鍋に豆腐そうめん風の付属のめんつゆと水を入れて強火で熱し、煮立ったらサラダチキン、もずく酢を加えて中火で温める。
3.卵をまわし入れて半熟状になったら火を止めて塩、コショウで味を整える。
4.器に豆腐そうめん風を盛り、「3」、ラー油をかける。

※豆腐そうめん風(めんつゆ付属)がない場合は、糖質オフ麺とめんつゆなどで代用できます。

 

 

<レシピ考案・文・写真>五十嵐ゆかり

管理栄養士、料理研究家。All About「体が喜ぶ健康レシピ」ガイド。 日々の暮らしに取り入れやすいレシピや、時短レシピ、美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピなどを提案。

 

 

 


<関連記事>
発酵の力でキレイに!美肌を育む「味噌レシピ」
薬膳のプロに聞いた、うるおい美肌をつくる朝ごはんレシピ
リラックス効果がある白味噌で夜のおやつ!雛祭りを楽しむ白味噌スイーツ