シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

中村アン的小麦美女vs.王道の色白…「夏のモテ肌」メリ&デメ!

やっぱり男性が好きなのは色白美人……? でも最近では中村アンさんのような小麦肌美人も多く、そんな女性たちはヘルシーとセクシーを兼ね備えていて魅力的。

本格的な夏が始まりました。あなたは今年の夏、白い肌をキープするか、それとも肌を健康的に焼いて小麦肌になるか、どちらを目指しますか? 

そんな今年の憧れ女性像の指標となるような、色白肌と小麦肌のそれぞれの長所と短所をまとめてご紹介しましょう。

 

色白肌の長所&短所

綾瀬はるかさん、石原さとみさん、北川景子さんのように透き通るような色白肌の長所は、やっぱり日本人ならではのすべすべの肌で男性にも女性にも愛されることでしょう。

「色の白いは七難隠す」という言葉があるとおり、顔立ちなどがたとえ際立っていなかったとしても、白く輝く肌は見る人が心を奪われてしまう魅力があります。それに女性らしい儚さや上品さ、色気も演出できます。

一方で、色白の短所はニキビや肌の赤味、毛などが目立ちやすいこと。その分肌荒れを起こさない、徹底したケアが求められてしまいます。

 

小麦肌の長所&短所

小麦肌美女の有名人といえば、中村アンさん、ローラさん、黒木メイサさんなど。健康的でアクティブな印象を与えることができるのが、小麦肌の長所です。しかも水着の跡が肌についたら、男性はセクシーと感じることでしょう。

日本や韓国では肌の白さを求める傾向がありますが、欧米でモテるのはこんがり焼いた肌。海外リゾート地でよく肌を焼いている女性を見かけるのは、そんな理由があるからです。

小麦肌の短所は、肌を焼くことによって起こるシミやそばかす、しわの増加。これを予防するためには、闇雲に陽に当たるのではなくしっかり日焼け止めを塗って“キレイに焼く”テクニックが必要でしょう。

 

やっぱりモテるのは色白?

アイブリッジ株式会社が展開するインターネットリサーチサービス『リサーチプラス』が、全国の男女600人を対象に、日焼けに関する調査を実施。同調査で男性300名に、好きな女性の肌色を聞いたところ、「白い肌」「どちらかというと白い肌」と答えた男性が78.7%。

一方、「少し焼けている肌」「こんがり焼けている肌」と答えたのは21.3%となり、モテに関しては、色白肌に軍配が上がりました。

ただし、「キレイ」とか「思わず触りたい」と思うのは、肌のなめらかさやきめ細かさがあってのことで、肌の色はまた別の話かもしれません。色白でも肌荒れがひどければ論外、肌のお手入れがしっかり行き届いて小麦色なら美しいと感じるものです。

 

結局は色白肌、小麦肌どちらにしても、お肌のケアをきちんとしておくことが大切ですね。

 

【参考】

※ 日焼けに関する調査 – リサーチプラス(アイブリッジ株式会社)