シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

不倫の調査を自分でする方法!浮気調査に使えるグッズやアプリ10選

1: 浮気調査はどこに依頼する?1stグループなどの口コミと平均的な料金

パートナーに浮気の疑いがあるとき、とるべき行動として最初に思いつくのが、浮気調査の会社への依頼でしょう。別れさせ屋・復縁工作でも有名な「1stグループ」などがあります。

過去に、パートナーに浮気の疑いを持ったことがあり、浮気調査会社を探した経験がある人の中には、ご存じの人も多いでしょう。ちなみに1stグループの調査料金は、1日3時間で8万円~となっています。

そのほか、定番の浮気調査会社といえば、「MR」や「原一探偵事務所」などが挙げられますが、こちらの調査料金は、「MR」が1時間2万円~5万円、「原一探偵事務所」が1日12万円です。いずれも評判は良く、口コミを見てみると、顧客満足度と厚い信頼があることがうかがえますが、やっぱりコストはそれなりにかかりますよね。

「お金を払って頼むほどではないかも……」と考えるならば、自分でどうにか調べられないかと思いますよね。今回は、そんな人に向けた、パートナーの不倫を自分でする方法について、見ていきましょう。

 

2:携帯のGPSを使った浮気調査も!浮気調査に使えるアプリ6選

(1)Cerberus

「最強の浮気防止アプリ」との呼び声高いのが、「ケルベロス」です。android専用の端末追跡アプリで、インストールすると、パソコンなどから位置情報の特定、動画や写真の撮影、音声録音、通話履歴やスクリーンショット取得といった機能が使えます。

とはいえパートナーに無断でインストール、使用すると、不正指令電磁的記録供用罪が適用されるリスクがあるので、必ず了承を得たうえで利用しましょう。

(2)Glympse

GPSを用いて、リアルタイムで位置情報を共有できるアプリです。端末がネットに接続されていればいつでも位置情報がわかるので、意図的に機内モードにするなどの対策をしなければ、相手の居場所がいつでも把握できます。

(3)Life360

「Life360」は、android用のアプリで、家族や子ども、恋人同士で「Life360」をインストールしておけば、お互いに位置情報を共有することができます。

相手の位置情報を地図上で確認するのはもちろん、学校や病院など、特定の地点に着いたら通知を受け取ることも可能。

位置情報を共有するアプリを利用するときには、「浮気防止のため」というのではなく、「スマホをなくしたとき、場所がわかるから便利でしょ?」という名目で利用すると、角が立たずにすんなりインストールしてくれるかもしれません。

(4)Suica Reader

位置情報を共有するアプリと一緒に使うと便利なのがこちら。「Suica Reader」は、SuicaやPASMOなどの乗車履歴がわかる、android専用のアプリです。

「Suica Reader」で履歴を調べることで、「仕事の用事はない場所なのに、頻繁に乗り降りしている駅がある」というふうに、怪しい行動が追及ができるかもしれません。

(5)Wheres My Droid

アプリをインストールした端末宛にSMS(ショートメール)を送信することで、端末から音を鳴らしたり、端末の位置情報がわかるアプリです。こちらもandroid専用。

送信する文章によって音を鳴らすか、位置情報を知らせるかの動作を選択できます。

(6)Prey Anti Theft【Android】/Prey Find my Phone Tracker GPS【iPhone】

AndroidとiPhone、どちらの端末でも使うことができますが、名前が若干異なりますので、注意してください。

位置情報の取得やスマホにロックをかける機能やアラームを鳴らす機能などが搭載されている盗難対策アプリですが、浮気調査にも応用可能です。アプリのアイコンを表示させないようにすることも可能ですが、こちらも先述したとおり、人の端末に勝手にインストールするのは絶対にやめてくださいね。

 

3:自分で妻の浮気を調査しちゃう!浮気調査グッズ4選

(1)小型カメラ

自宅で使う浮気調査の定番グッズといえば小型カメラでしょう。音声つきで映像を記録することが可能なので、自分がいない間、浮気相手を家に招いている密会の様子などを撮影できれば、このうえない証拠になるでしょう。

最近では、ペンやライターの形をしているものもあり、環境によってさまざまなタイプを選ぶことができます。

(2)ボイスレコーダー

浮気調査のために小型カメラを買うのって、ちょっと抵抗がある人も多いかもしれません。そんなときには、ボイスレコーダーで代用するのも良いでしょう。

先ほどお話したような、ペンやライターの形をしている小型カメラの場合、明らかに盗撮を目論んでるのがバレてしまうので、見つかってしまったときに気まずいことになります。

ボイスレコーダーであれば、仮に見つかってしまっても、「会議中など、仕事で使うから」という弁解の余地があるので、比較的ハードルは低いと言えるでしょう。

(3)GPSロガー

スマホアプリをご紹介したときにも触れましたが、GPS情報は、浮気調査には非常に効果的です。「GPSロガー」は、位置情報の確認はもちろん、以前のデータを記録しておくことも可能。なので、過去のデータを見たり、パートナーの行動パターンを洗いざらいチェックすることができます。

(4)精液検査キット

精液検査キットとは、男性の精液に反応して変色する特殊な薬液のことです。下着などにこの検査キットを使うと、精液がついているのかどうか調べることができます。

ただ、下着についていたからといって、必ずしも浮気をしていると断定できるわけではありません。決定打となる証拠に加えて、プラスアルファの参考資料程度に使うと良いでしょう。

 

4:浮気調査をしてみたら…実際に試した浮気調査の方法とそれによって発覚したこと5つ

(1)機械音痴の夫がスマホデビュー。その真相は…

「夫は機械に弱く、ガラケーですら使いこなせないような人だったんですよ。そんな夫がある日、スマホに機種変更をして、さらに“LINEって、どうやって使うんだ?”というふうに、LINEをインストールしたがっていたんです。

“あの機械音痴の夫が急に……。もしかしたら浮気かな?”と心配な気持ちになったので、思い切って調査会社に依頼してみました。

調査の結果、なんと夫は毎日会社と家の往復しかしておらず、寄り道や飲み会に行くこともなく、”浮気なんていっさいしていない”とのことでした。正直、内心“浮気しているかもな”と思い込んでいたし、証拠をつかんだら、夫になんて言ってやろうか考えていたので、拍子抜けでしたね。

これはあとから知ったのですが、わざわざスマホにしてLINEを使い始めたのは、会社の新しいサービスのため、とのこと。なんでも、LINEで情報を届けるサービスを開始するらしく、夫はそのプロジェクトリーダーを任されたみたいで。

リーダーのくせに、LINEどころかスマホもろくに使えないのに危機感を覚えて、一生懸命使っていたみたいでした。

仕事帰りに寄り道もしないで、一生懸命に働く夫。改めて素敵な人だなと思いました。いや、むしろ仕事熱心すぎるから、息抜きさせてあげたいなって思いました」(Sさん・42歳女性/主婦)

(2)妻の行動に、妙な違和感。自分で調べてみたら…

「私は仕事がかなり忙しく、家のことはすべて妻にまかせっきりにしていました。そんな私でしたが、ある日ふと、家の中と妻の様子に、妙な違和感を覚えたんです。

空気感というか、本当にただ感覚的におかしいなと思って。これが第六感というやつなんですかね。

なんとなく感じた違和感が妙にひっかかって、仕事に集中できない日もあり、もやもやを解消するためにも、妻に内緒で家の中に小型カメラを設置してみたんですよ。

3日間ほど経っても特に何もなく、“やっぱり考えすぎだよな。そろそろカメラを取り外そう”と思ったのですが、4日目に事態は一変しました。

お昼すぎに買い物から帰ってきた妻のあとから、見知らぬ男性が入ってきたんです。ふたりが抱き合っているのを見たとき、私は思わず泣き崩れてしまいました。

カメラを設置するとき、すごく罪悪感があったのですが、そんなもの感じる必要はまったくなかったです。あのとき意を決してカメラを仕掛けた僕は、本当に正しい選択をしたと思います。

女性の勘は鋭いと言いますが、男にもそういう感覚があるので、後ろめたいことがある女性は気をつけてくださいね」(Oさん・31歳男性/会社員)

(3)友達と協力体制をとった結果…

「夫の帰りが遅くなることが多くなって、遅い理由をいくら聞いても、あいまいなことしか言わないので、友達に相談してみたんですよ。すると友達は、“ひょっとしたら浮気かもよ~?”って茶化すように言ってきて(笑)。

最初は“そんなわけないでしょ”と思っていたんですが、帰宅が遅いだけじゃなく、明らかに冷たい態度が増えた夫を不審に思って悩んでいたら、友達が協力してくれて、“シロかクロかはっきりさせよう”と。

そして数日間夫の行動を見守ってみたら、やっぱり浮気をしていることが判明して。証拠をつかむことができて嬉しい反面、信じていた夫が浮気をしていたことに対する悲しみもあって……。すごく複雑な気持ちになったのを今でもはっきり覚えています」(Nさん・28歳女性/パート営業)

(4)ボイスレコーダーで思わぬ発見

「妻の浮気を疑ったきっかけは、本当にささいなことです。普段の会話が、何となくぎこちなく感じた、ただそれだけ。軽い気持ちで、妻の車にボイスレコーダーを忍ばせてみました。

とはいえ結果的には、特別なことは何も起きず、私の思い過ごしでした。ホッとしましたね。

あと、ちょっとした発見なんですが、運転中の妻の独り言がけっこうかわいかったです(笑)。前の車に“もう、ブレーキ踏むの遅いよ!”とか、“全然入れてもらえない~”ってかわいい声で言っていて。いつもは僕が運転しているんですが、次一緒にドライブするときには、妻に運転させようかな。ぜひあの声を生で聞きたい(笑)」(Mさん・29歳男性/自営業)

(5)妻と友人の密会を突きとめた旦那

「妻の言動が妙によそよそしく感じて。不審に思い、浮気調査をしてみました。最近ではスマホアプリで相手の居場所がわかるので、自分で簡単に浮気調査ができちゃう、すごい時代ですね。

GPS情報をもとに妻を尾行してみたところ、なんと妻は、私の知り合いの男性と会っていました。ふたりを見た瞬間、あまりのショックにめまいがしたのを覚えています。

くらくらして倒れそうになるのをなんとか踏ん張り、ふたりに詰め寄りました。私の憔悴しきった顔を見て、すぐに妻は“違うの!”と言いましたが、私の耳には届きません。言い訳をするふたりを見ているうちに、だんだん怒りがこみ上げてきました。

そんな私に対して、妻がスマホの画面を差し出しました。そこには、“再来週、結婚記念日だから、何かサプライズをしかけたいんだけど……相談に乗ってくれる?”というやりとりが。

そこで私はハッとしました。妻はサプライズのために、私の友人に相談していたみたいで。それなのに、見切り発車で疑ってしまった私。しかも結婚記念日を完全に忘れていて、申し訳なさでいっぱいになりました」(Kさん・36歳男性/会社員)

 

5:浮気調査するには覚悟も必要

浮気調査をすれば、自分で行うにせよ、パートナーの不貞を暴くこともできるでしょう。

ただ、実際に浮気をしていたことが判明すると、受けるショックは計り知れません。

長い目で見れば、結果的には良いことかもしれませんが、離婚も相当な精神的ストレスがあるので、そういった苦難を乗り越える覚悟をしたうえで調べるようにしてください。

 

【参考】

株式会社1stグループ「浮気調査料金表」

MR「調査料金」

原一探偵事務所「調査料金」