シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

下町ロケットでも話題になった安田顕が初主演!! …しかし演じる役は”名脇役” / 『俳優 亀岡拓次』【最新シネマ批評】

kameoka_main_large
[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、TEAM NACSの安田顕・初主演映画『俳優 亀岡拓次』(2016年1月30日公開)です。さまざまなドラマや映画で、ハードな役柄から女装役まで演じきる、名バイプレイヤーとして活躍中のヤスケンさん。ついに主演映画! と思ったら、なんと主役だけど脇役という……。脇役が主役の映画ってどんなの? 

というわけで、今回は映画『俳優 亀岡拓次』(原作:戌井昭人)をクローズアップ。演出は、松山ケンイチが怪演を披露した『ウルトラミラクルラブストーリー』の横浜聡子監督ですから、一筋縄ではいきませんよ。

【物語】

亀岡拓次(安田顕)、37歳独身・職業は俳優。流れ弾に当たるホームレス役など、脇役をこなす毎日だけれど、不平不満は言わずに、撮影の後のお酒を楽しみに生きています。そんな彼がロケ先の長野で立ち寄った居酒屋で、若女将・安曇(あずみ/麻生久美子)と出会います。料理もおいしく、おしゃべりも楽しく、亀岡はほのかな思いを抱きます。

また来たい! そう思ったけれど、亀岡のもとには次々と脇役仕事が舞い込み、役者としても大きな転機が訪れます。はたして、この恋は成就できるのでしょうか……。

kameoka_sub01_large

【かわいいヤスケンさんに夢中!】

とってもイケメンだけど、おそらくご本人は全く意識していないと思われ、だからこそ、ほのぼの生きている亀岡役にピッタリの安田顕さん。

亀岡はときどき周囲の人に「あの人!」と気付かれてうれしそうな顔見せたり、やりたい役がまわってこなかったとき「あの役やりたかったなあ」と残念そうな顔を見せるんですよ。その姿がいちいちかわいくて母性本能やられます!

居酒屋の女将・安曇とのシーンも何とも言えずいい雰囲気。安曇がまた可愛いから、亀岡がポーッとする気持ちもわかろうというもの。二人のシーンは、観客も居酒屋で一緒に楽しんでいる気持ちにさせられて、ほんわか幸福な気持ちに。

そう、この映画には、ささやかな幸福が散りばめられているんです。サクセス映画のように障害を克服しながらスターへの階段をトントン上がっていくストーリーではありません。でも役者の仕事のあとに、行きつけの飲み屋で一杯やる楽しさ、現場でちょっと褒められたり、後輩に演技を教えて感謝されたりして “いいことあったな” という喜び。なんかほっこり心が温かくなるんですよ。

【初めての主演映画に安田顕さんは?】

さて、初の主演映画に、安田さんもさぞや張り切って! と思ったら、「いつもと変わらないですよ」と。

「主演と言えば、主演ですが、脇役のキャラクターなので、普段とあまり変わり映えも違和感もないですね」

とクールです。亀岡と言う人物を安田さんはこう解釈しています。

「亀岡は舞台の上でしか生きていない。それ以外は酒を飲んで死んだ目をしている日常です。没個性の塊というのが個性なので、彼はどの時代でも同じ生き方をしているのでしょう。亀岡は日常だけが変化して、彼はそのままなんですよ。それは彼の魅力を周りの人が愛しているからでしょう」

しかし、撮影は大変だったそうです。

「横浜監督のおっしゃることが全然理解できなくて(笑)。“ 口をパクパクしてください ” とか、“ 瞬きをしてください ” など、あまりにもわけがわからなくて、もうわかんねぇと(笑)。でも仕上がった映画を拝見して、監督の感受性の見事さを痛感しました。今は “すみませんでした” という気持ちでいっぱいです」

見ている方は、ほのぼのした気持ちでいたのですが、現場では相当な葛藤が。でも安田さんの言うように、監督の感受性の豊かさと亀岡の繊細さが見事にリンクして、素敵な映画になったのです。

【脇役を大物が演じるという不思議?】

またこの映画の凄さは、本作の脇役を主演クラスの俳優たちが演じるということです。

若女将の麻生久美子はもちろんですが、亀岡が出演するインディーズ映画の監督役に染谷将太、亀岡が出演する舞台の大女優に三田佳子、大御所の監督役には山崎努、亀岡のマネージャー役は工藤夕貴(しかも、声の出演のみ!)そのほかにも、豪華な役者陣が脇を固めています。

kameoka_sub02_large

亀岡が周囲の人に愛されているように、この映画も様々な映画人に愛されている映画だというのがよくわかります。それは横浜監督の実力や人徳もありますが、安田顕さんの主演映画を盛り上げようという役者仲間の愛もあるのではないでしょうか。

見終ったあと、「亀岡、なんかいいよね」「今度から映画やドラマを見るとき、脇役の人にも注目してみよう」と思うはず。脇役人生とは何か、脇役って面白い! そんな風に映画を見る楽しみを増やしてくれるのも映画『俳優 亀岡拓次』の魅力です。

執筆=斎藤香(c)Pouch

kameoka_sub03_large

『俳優 亀岡拓次』
(2016年1月30日より、テアトル新宿より全国ロードショー)
監督:横浜聡子
出演:安田顕、麻生久美子、宇野祥平、新井浩文、染谷将太、浅香航大、杉田かおる、三田佳子、山崎努ほか
(C)2016「俳優 亀岡拓次」製作委員会

この記事の動画を見る

オリジナル記事: 下町ロケットでも話題になった安田顕が初主演!! …しかし演じる役は”名脇役” / 『俳優 亀岡拓次』【最新シネマ批評】
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事