シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

下手な声かけNG!男が弱ってるとき「本当に欲しているセリフ」5つ

下手な声かけNG!男が弱ってるとき「本当に欲しているセリフ」5つ

彼がひどく落ち込んでいます。こんなとき、なんて言葉をかけてあげるのが正解なのでしょうか。下手なことを言うと「何もわかっちゃいねぇ」と余計に心を閉ざされてしまう恐れもあるので、彼女としては慎重にいきたいところですよね。

今回は『Menjoy!』が男性500人に実施したアンケート「弱っているとき彼女に求めること」より、傷ついた男が本当に欲しているセリフをご紹介します(協力:クリエイティブジャパン)。

 

■1:「私がついてるよ、大丈夫」

「私がついてる、と言ってほしい」

「“私がいるから大丈夫、信じてる”と言ってくれる」

「だいじょうぶといってくれるだけでいい」

どんなことがあっても、あなたはいつも味方でいることを伝えましょう。彼にとってこれほど心強いことはありません。

 

■2:「~くんならできるよ」

「“~くんならできるよ”と励ましてほしい」

「あなたならへこんでいないで必ずできるよと言って欲しい」

「とにかくほめてほしい」

落ち込んだとき、人は褒められるだけで不思議と心が安らぐもの。彼のことを熟知しているあなただからこそ言える言葉で、褒めて褒めて褒めまくりましょう。

 

■3:「いいことあるよ」

「あしたはいいことあるよ、とあかるくふるまってほしい」

「まっ、あしたがあるよ。今日は忘れようよ」

こんな前向きなひと言をかけられたら、落ち込むのは今日限りにしようと思うものです。

 

■4:「飲みに行く?」

「飲みに行こうか?と気分転換に連れ出してほしい」

「早く会社から離れて飲みに行こう」

「ちょっと気分転換に食事でもいかない?と言ってほしい」

深くを聞かずに察して、こんな風にさりげなく誘ってもらえると嬉しいですよね。このままどこまでもあなたについていきたくなりそう。

 

■5:「よしよし」

「今晩一緒に寝てほしい、頭をいい子いい子されながら、“大丈夫だよ、よしよし”と言ってほしい」

「やさしくよしよししてほしい」

こんなときこそ、よしよし&ナデナデの出番です。現実を忘れるくらい、思いっきり甘えさせてあげましょう。

 

以上、いかがでしたでしょうか。

落ち込んでいるときは、彼の悲しみをあおるような言葉は断じて禁止。あなたから湧き出る精いっぱいの励ましの言葉があれば、彼もへこんでなんかいられないはずですよ。

 

【参考】

※ ボイスノートインターネットリサーチ – クリエイティブジャパン