シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

一触即発!今カレとデート中に「元カレがキター」ってときの対処法

みなさんも今カレとのデート中に、うっかり元カレから連絡があることくらい日常茶飯事なはず。え、あまりないって? またまたー。嘘でしょ? 女子を何年やってるんですか? 『Menjoy!』読者がそんなにモテないわけないじゃないですかっ。

そこで今回は、毎回毎回、そんなことで今カレとケンカばっかりしてても疲れるので、恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、うまくやり過ごす方法をお聞きしました。

 

■1:電話がかかってきちゃった

「はいはい、よくありますね。こういう場合は、“あ、元カレだ!”と言って、すぐ出る。で、普通に会話しちゃってください。でも、言っても、2分までですね。それ以上はNG。今カレにとっては、2分間でも10分くらいに感じているはず。これを元カレ5倍の法則と言います。

逆に、元カレのほうは2秒くらいに感じてますね。なので、どんどん話そうとしてきますが、そこで! “あ、ごめん。いま、彼氏とデートしてるんだ。切るね”と言って終わらせます。

そうすれば、今カレの溜飲も下がり、なんかうやむやな感じで、なかったことにできますね。今カレも別にケンカしたいわけではないですからね。ケンカしちゃったら、元カレの思う壺ですから」

 

■2:バッタリ会っちゃった

「まさに一触即発! ですが、安心してください。こうしましょう。

元カレには、“あ! 久しぶり。彼氏です!”と言って、今カレには“元カレです!”と紹介しましょう。人間として、至極、正しい態度をとるのです。無視したら、変ですよね。ポイントは話すときは、今カレの腰に手を置くことで、今カレの動揺を落ち着かせながら、自分のポジションをしっかりと表現すること。

ここで気まずい態度をとると、“あれなに? 元カレなんじゃないの?”と突っ込まれますので堂々としていましょう」

 

■3:デートの最後に

「いずれのケースも、今カレはおさまりつつもモヤっとしているので、デートの最後に、“あのさー……。●●くんのことしか見てないからねっ”とフォロー。

電話のケースでは、“ひとりのときは、電話とか出ないし”と言っておいてあげるといいですね」

 

いかがでしたか? 元カレはうまく使うと、意外と恋のスパイスにもなりえます。まさにピンチの裏にはチャンスあり。そんなバッタリな日の夜には、熱く燃えちゃいましょう。

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。