シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

一緒にいすぎ?愛がダメになっちゃう前に「刺激的な予防法」3つ

一緒にいすぎ?愛がダメになっちゃう前に「刺激的な予防法」3つ

女性は男性と一緒にいるときに恋に落ち、その習性がゆえに、できるだけ一緒に過ごそうとしてしまいがちです。一緒にいる時間が長くなれば情が湧くし、だんだんと離れられなくなってしまうのです。

ですが、あまり彼と一緒にいすぎるとマンネリ化への道が加速してしまうのも事実……。

そこで海外女性情報サイト『all women stalk』に掲載された記事を参考に、「一緒にいすぎ?愛がダメになっちゃう前に“刺激的な予防法”3つ」を紹介しますので、彼に飽きられないようにぜひ参考にしてみてください!

 

■1:少し距離を置く

女性と異なり男性は、女性と会っていないときに恋に落ちると言われています。一緒に楽しく過ごした後、相手の女性のことを考えて恋しくなったり寂しさを感じたときに、「彼女のことが好きなんだ」と思うわけです。

なので、恋愛において男性には距離が必要です。毎日のように彼の家に入り浸って半同棲になったり、会っていないときにメール攻撃をしかけている人は、“引く”ことを学びましょう。二人が過ごす時間にメリハリがあると、愛が冷めにくくなります。

 

■2:自分だけの生活テリトリーを作る

女性は彼氏ができたら、今までの自分の生活習慣や趣味をほっぽりだして恋愛に染まりがち。そうなると、男は彼女をもう追いかける必要がなくなるし、あなたの生活に全くミステリー感がなくなってしまいます。

マンネリを阻止する刺激的な予防策として、彼が入り込めない自分だけの生活テリトリーを作ることをお勧めします。スポーツジムに通うのでも、週1回の女子会でも何でも良いですが、彼が知らないあなたの世界をもってみましょう。

そうすれば、彼は“恋人のことを知り尽くしていない感”を感じて、どこか安心しきれない気持ちになるので倦怠期を遠ざけることができるでしょう。

 

■3:普段しないことを一緒にしてみる

一緒にいる時間が長くなると、二人の時間の過ごし方がディナーか映画、家でテレビを見たりとお決まりになっていきます。毎日同じご飯を食べていると飽きてしまうように、毎回二人で同じことをしているとお互いに飽きてしまう原因に……。

メリハリをつけて会うようにした後は、あらかじめ何をするか決めて“デートをイベント”としてとらえるようにしてみて下さい。日帰り旅行でもいいし、たまにしか開催されないイベントに行ってみたり、普段とは違うことを一緒にするように心がけましょう。

 

恋のマンネリ化は、破局や浮気の原因にもなりかねます。いつでも彼にあなたとの恋愛にワクワクしてもらえるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【参考】