シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

一生忘れない…! 人生で最もショックだった振られ方

好きな人に思いを伝えるのは人生の一大決心。人生にそう何度もあるものではありませんよね。そんな勇気を振り絞って告白をしたり、付き合ったりしたのに、好きな相手に振られてしまうのは相当ショックを受けるもの。
ここではそんな、人生で最もショックだった振られ方を聞いてみました。

人生で最もショックだった振られ方

告白したら「マジ? ウケる」と流された

「同級生の仲がよかった男友達にバレンタインに勇気を出して告白! 友達みたいな関係から踏み出したくて頑張ったのに、相手は『マジ? ウケる』とひとこと。告白もなかったことにされた」(10代/学生)

▽ 頑張って告白をしたのに、ネタ扱いをされてしまってはショックなもの。相手のことを思っていた純情な気持ちまで汚されてしまったように感じてショックを受けますよね。きちんと真正面から向き合ってもらいたいものです。

告白をしようとしたら逃げられた

「1年間片思いをしていた同じクラスの男の子に告白! 校門で待ち伏せをしていたら、私が告白することを聞きつけたその男の子が、わざと裏門から帰宅。告白する前に振られた……」(20代/IT)

▽ 告白をしようと待ち伏せしていたら、まさかの逃亡。「私から告白されるのがそんなに嫌だったの……?」と傷ついてしまうのも無理がありません。
恥ずかしかったからとか、勇気が出なかったからなどさまざまな理由があるかとは思いますが、やっぱり告白の言葉くらい聞いてもらいたかったそうです。

ラブレターをさらされる

「塾でいっしょだった他校の男の子に勇気を振り絞ってラブレターを渡した。そしたら、家族や友達にラブレターを見せた挙げ句、友達経由で『受験に専念したいから付き合えない』って振られた。ショックだったけど、それ以上に怒りが大きくて……」(20代/メーカー)

▽ 気持ちのこもったラブレターを人にさらすことは、絶対にやってはいけないこと。そんな無神経なことをする神経が疑われますよね。勇気を出した告白がその人にとって笑い話にされてしまうのは傷つきます。
この話には後日談があり、彼の目指していたトップ大学をその子も受けたそうです。彼は落ちてしまったそうなのですが、なんと彼女は見事合格。彼の前で塾の先生に「ありがとうございました!」と挨拶するときにスカッとしたそうです。

3年付き合ったのに突然音信不通

「3年も付き合ったのに、突然音信不通になった! どうしたんだろう? って心配したし、周りの子にも聞いたりした。1か月後、心配しすぎて片道2時間かかる彼の家に行ったら、他の女の子が普通に家にいてびっくり」(20代/看護師)

▽ 突然音信が途絶えてフェードアウトしてフラれるというのはモヤモヤした気持ちが残ってしまうもの。「振るならちゃんと振って」と思ってしまいますよね。

浮気をしたのに逆ギレ

「浮気をしたくせに、それを責めたら『お前のそういうところが嫌なんだよ!』と逆ギレ! さらに『もうお前とは付き合えない』って振られた。意味不明すぎた」(30代/PR)

▽ 浮気をしたくせに逆ギレするのは人として恥ずかしい行動です。むしろ別れて正解だったかもしれませんね。

「今は別れて2~3年遊んでからよりを戻したい」と言われた

「お互いに初めての彼氏彼女だった人と1年半付き合った頃。彼から突然『結婚するのはお前しかいないけど、今は別れて2~3年遊んでからよりを戻そう』って振られた。私も若かったから最初は彼のことを待っていたなぁ……」(30代/主婦)

▽ 遊んでからよりを戻したいと言われてうれしい女性なんていません。そんな都合のいい女だと思われていたことにショックですよね。