シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

一生に一度は行きたい…!働き女子を癒やす「冬の海外絶景スポット」5選

秋も深まりホリデーシーズンもすぐそこ。冬のボーナスを楽しみにする季節ですが、今から当てにして買い物ばかりしてませんか? ちゃんと冬のバケーション用の予算も取っておきましょう!

日本の冬は厳しいので、冬は「南国へ行きたい……」という気持ちになりがちですが、冬だからこそ日本とはまた趣きの違う絶景が見られる場所に行ってみたいもの。

そこで今回は、旅行会社エイチ・アイ・エスが実施した「冬だからこそ行きたい!世界の絶景投票キャンペーン」投票結果を参考に、“冬こそ行きたい海外絶景スポット”をご紹介しましょう!

 

■冬に見たい世界の絶景トップ5は?

“世界の冬の絶景”18ヶ所を厳選し、冬に行ってみたいと思う絶景スポットへの投票を集計した結果は次のようになりました!

 

■第5位:スカフタフェットル国立公園・氷の洞窟(アイスランド)

アイスランド南東部のスカフタフェットル国立公園内にあるヨーロッパ最大の氷河ヴァトナヨークトルでは、青い氷に囲まれた“氷の洞窟”が最大の見もの。気泡を含まない純度の高い氷のため神秘的な青色に見えるとか。

 

■第4位:サンタクロース村(フィンランド)

冬は雪が積もり、クリスマスツリーも立てられてムード満点のサンタクロース村。11~3月にはオーロラが見られるチャンスも!

過去記事「5位フィンランド、2位台湾“一人旅女子に人気の海外旅行”1位は?」でお伝えしましたが、フィンランドは日本から9時間程度で行けるそうです!

 

■第3位:ミュンヘンのクリスマスマーケット(ドイツ)

街全体が装飾に彩られ、可愛いクリスマスのオーナメントやおもちゃ、キャンドルなどの屋台が並ぶというドイツのクリスマスマーケット。雰囲気を楽しみながらヨーロッパのクリスマスグッズを購入してみたいですね!

 

■第2位:オーロラ(カナダ)

一生に一度は見たい冬の神秘的光景、オーロラ。カナダのイエローナイフはオーロラ観賞に最適だそうです。3日間ステイした場合、オーロラ観賞率はなんと95%! 英語が公用語なのも嬉しいですね。

そして、注目の1位は……

 

■第1位:ノイシュバンシュタイン城(ドイツ)

1位もドイツ、ロマンティック街道終点にあるお城「ノイシュバンシュタイン城」でした!おとぎ話に出てくるようなこのお城、外観だけでなく中も息を呑むほど美しいそうです! 冬のドイツは見どころがたくさんあるようですね。

 

■真冬に旅する際の注意点は

では、極寒の海外(アイオワ、ニューヨーク、オタワ、ワシントンD.C.、ナイアガラフォールズなど)を旅した筆者が、真冬に海外を旅する際の注意点をご紹介します。

(1)時間の遅れは計算内に

悪天候が多いと当然交通機関に狂いが生じます。遅れを想定したスケジュールや予算を考えておきましょう。

(2)寒さのスケールが違うことを想定する

大陸の寒さはスケールが違い、氷点下はざら。冬服やコートはしっかり揃え、耳や手足を暖かく保つ装備を。

(3)運転はなるべくしない

冬の凍った道路は運転が危険。現地のツアーに参加する、便利なホテルに宿泊するなど、運転を避けた旅の仕方を考えて。

 

以上、冬に見たい海外の絶景スポットと、冬の旅行時の注意次項をお伝えしましたが、いかがでしょうか?

寒いときに寒い場所に行くというのは、経済的にもお得かもしれませんよ!

 

【参考】

※ 冬だからこそ行きたい!世界の絶景投票キャンペーン – 株式会社エイチ・アイ・エス

あわせて読みたい