シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

一歩踏み出すことで人生が変わる! 勇気をもらえるエピソード3つ【前編】

行動する前に考えすぎて、結局何もできなかったことってありませんか? 今振り返ると、「なんで何もしなかったんだろうな」って、後悔しか残っていないんですよね。
今回は今まさにそんな状況にいるあなたに勇気を与える、一歩踏み出すことで人生が変わったエピソードをご紹介します。

勇気をもらえるエピソード

転職! たくさん悩んだけど後悔なし

「大学を卒業してから10年努めた会社を思い切って辞めたんです。周りからは『せっかく10年もキャリアを積んできたのに辞めるなんてもったいない』と言われました。でも自分が本当にやりたい仕事があるとわかっているのに、お金と体裁を守るために無視することはできなかったんです。
転職して、新卒の頃と変わらない給料に下がってしまったけれど、自分らしく生きることがこれほどまでに幸せを感じることなんだなって思ったのは、人生で初めてでした」(34歳・Kさん)

▽ 心を満たすものはお金だけではないですもんね。転職して、楽しく仕事をしている姿を見れば、反対していた人たちも、それ以上は余計なことを言ってこないものです。

一人旅って思っていたより快適!

「一人で旅行に行ったりしても、孤独を感じたり、危ないんじゃないかなと思っていました。でも思い切って一人旅を実行してみたら、一人で行動することの快適さに感激!
友達にいちいち合わせる必要もなければ、計画もすぐに変更可能。一緒に行ってくれる友達が見つからないときに旅行に行くことを諦める必要もなくなり、フットワークが軽くなりました」(28歳・Jさん)

▽ だんだん年齢を重ねると特に、一緒に旅行してくれる友人を見つけるのが困難になってくるんですよね。一人旅に慣れれば、予定を合わせる煩わしさもないし最高!

悪影響を与える友達と距離を置く!

「いつも堂々巡りの相談事ばかりしてくる友人がいたんです。アドバイスしても実行に移すわけでもなく、常に考え方はネガティブ。こちらが忙しくてもお構いなしにいろんな時間に電話をかけてきたりメッセージを送ってくる子でした。
友達なので、邪険にはできないと思い私なりに丁寧に対応していましたが、ふと気がついたんです。この子のせいで、自分のフリータイムを失っていると。それからもうはっきりと、忙しいときには電話やメッセージはできないと伝えるようにしたら、だんだんと連絡がこなくなりました。
今はフリータイムをすべて自分のやりたいことに当てることができるのですごく充実しています」(29歳・Uさん)

▽ 友達にはっきりと伝えることはとても勇気がいること。でも誰にだって友達を選ぶ権利はあります。自分自身の足をひっぱる友人と無理して付き合う必要はないんです。