シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ローラに続け!夢に近づく「海外ドラマ観るだけ」カンタン英語学習法

ハリウッド映画への出演が決まった、タレントのローラさん。自身のInstagramで、夢であった映画出演のために英語習得や演技の勉強をしてきたと述べていました。

ますますのグローバル化が進む社会で、英語習得は基本中の基本。ローラさんを良い例に、英語を使えることで可能性は大きく広がり夢の実現へと近づきます。

教材を購入したり、通勤中にラジオを聞いたり働き女子でも無理せずできる勉強法はたくさんあります。なかでも、アメリカ生活を経験した筆者のオススメは、海外ドラマを観ながら楽しく勉強する方法。英語を学べる以外に、考え方や習慣の違いを知ることができるメリットもあります。

そこで今回は、筆者の留学経験などをもとに“英語学習に役立つ海外ドラマ”3つをご紹介します。

 

■1:『Friends』

アメリカで1994~2004年放送されていた大人気コメディドラマ『Friends』。筆者が大学生の時に行った留学先の先生が「日常会話を学びたいなら“Friends”が一番」と教えてくれた、ネイティブスピーカーお墨付きです。

本作は、その名の通り友人同士や恋人、家族同士の会話が多くそのまま丸暗記して使えるようなフレーズばかり。

 

■2:『SEX and the CITY』

ニューヨークに暮らす4人の独身女性が繰り広げる、刺激的でハートフルな物語。1998年~2004年までアメリカで放送され、続編として映画も2本登場しています。

日常会話の基礎を学べる『Friends』に対して、『SEX and the CITY』はより一層くだけた表現が多く、スラングや流行語などを多く学べます。

ある程度の基礎ができている人は、表現方法や語彙力を一気に伸ばせるはず。

 

■3:『The office』

タイトル通り、会社を舞台にしたドラマだけあって、ビジネスでよく使われる表現や単語が多く出てきます。コメディドラマなので堅苦しい印象はなく、ジョークなどの表現方法も参考になります。

イギリス版とアメリカ版両方あり、訛りや単語の違いにも気付くかもしれません。日本人にとっては、母音を強く発音するイギリス英語の方が聞き取りやすいと言われていますが、独特の表現も多いので、一般的な英語を学びたいのであればアメリカ版が良いでしょう。

 

以上、“英語学習に役立つ海外ドラマ”3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

最初は英語音声+日本語字幕で観て、内容をおおまかに把握します。その次に英語音声+英語字幕に切り替えて、分からない単語や表現方法があれば日本語字幕を確認したり、辞書で調べて覚えるようにすれば成果が出るはず。

アメリカ生活や通訳の仕事をしている筆者でも、未だに知らない表現や単語を学べるので、ドラマや映画での学習法を活用しています。

また、リスニング力を伸ばすにはとにかく聴くことが大切。出勤前や就寝前、ちょっとした時間でも少しずつ英語を日常に取り入れて、身近なものにしていくことから始めましょう。

 

【関連記事】

※ まずはこの3つ!「英語を学び直したい人」が押さえるべきポイントとは

※ 通勤時間でOK!スキマ時間でスキルを伸ばせる「英語学習のコツ」3つ

※ 参考書より●●を活用!目からウロコの「暗記しない英語学習」3つのコツ

※ 働き女子は知っておきたい!英文メールで使える「省略英語」基本4つ

※ 「今年こそ英語を学び直したい!」って人がまず揃えるべき英語教材3つ

あわせて読みたい