シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ロバート秋山「東京クリエイターズ・ファイル祭」のコラボカフェが攻めすぎ! パリとバリに分かれたランウェイカレー、ボイス指示に従って食べるケーキなど


2017年4月に開催された、ロバート秋山竜次プレゼンツ「東京クリエイターズ・ファイル祭」が、さらにパワーアップ。完全版となって、3月2日から4月2日までの間、パルコミュージアム(池袋パルコ 本館7F)にてふたたび開催されることが決定しましたよ~!

さらに、クリエイターズ・ファイル初となるコラボカフェ「クリエイターズ・ファイル珈琲店」も、池袋・福岡・大阪の3都市でオープンするそう。展覧会、コラボカフェともに、クリエイティブとサプライズに満ちたロバート秋山の世界観をとことん体感できちゃいそうですっ!!

【これまでの展覧会をアップデート!】

今回の展示内容は、これまでのクリエイターズ・ファイル祭の内容をベースに、新しいクリエイターの展示などを加えてアップデートしたもの。

この展示会のために撮り下ろされた新作ショートムービーを上映する「クリエイティブ・シネマズ」や、クリエイターのポートレート、彼らが使っていたクリエイティブ・ツールの実物展示などをはじめ、クリエイターたちと遊べる “アミューズメント型展示” などが予定されています。

新作ショートムービーには、ファッションデザイナー・YOKO FUCHIGAMI主演のドキュメンタリー『YOKO FUCHIGAMI THE MOVIE ~ROOTS OF YOKO~』、子役・上杉みち主演の『九官鳥リリーの倦怠期』など、ファンにはおなじみの面々が主演する4作品がズラリ。

クリエイターズ「フォト&ツール」コレクションでは、総勢39名のポートレートや等身大パネルなどを多数展示。インディアンジュエリーデザイナーの小野幸次郎がセドナで使用したパワーストーンや、ワードパティシエの「竜斎雲」が会場の為にしたためた書の展示なども見られるそうですよ!

【コラボカフェも凝りまくり】

いっぽう、コラボカフェ「クリエイターズ・ファイル珈琲店」では、ロバート秋山竜次監修のもと、人気クリエイター11人のメニューが登場。どれも各クリエイターの特徴を取り入れたエンタメ性あふれる内容となっています。

たとえば「YOKO FUCHIGAMI ランウェイカレー 2018SS」(税別1190円)は、お皿の上で世界的トータル・ファッション・アドバイザーYOKO FUCHIGAMIが2018年春夏コレクションを開催!

今シーズンのテーマは「パリとバリ」ということで、ランウェイ(ご飯)を歩くYOKOの脇には欧風(パリ)カレーと、エスニック風(バリ)カレーがオーディエンスよろしく乗っています。

「リシエルのマタニTEAラテ(HOTのみ)」(税別690円)は、モデル・リシエルがマタニティのころに愛飲していたというティーラテ。ラテアートでリシエルのマタニティ姿が描かれているのが強烈……!

【動画や声を使ったメニューも】

「伊吹のり崇が今最も注目する最先端ラーメン」は、持ち帰れる「最新ラーメン系統図カード」付きで税別1090円。待っている間、タブレットの動画で伊吹のり崇からラーメンの説明を受けるという、斬新な仕組みになっています。

また「指示したはずのケーキと違う!? 揚江美子のしきたりにとらわれないウェディングケーキ」(税別1290円)は、注文した人にイヤホンが渡され、トータルウェディングプロデューサー揚江美子のボイス指示に従って食べるという一品。

ユニークな演出も込みになっているのが、ひねりが効いてて面白いですね!

【鬼才・ロバート秋山の世界観を体感!】

コラボカフェの開催は、池袋が「池袋PARCO 本館7F・THE GUEST cafe&diner」で3月2日~4月15日まで。福岡は「福岡PARCO 本館5F・THE GUEST cafe&diner」で3月17日~5月7日まで。大阪は「心斎橋161 2F・THE GUEST cafe&diner」で4月20日~6月26日までの開催です。池袋のお店なら、展覧会と合わせて、両方訪れるべし!

このほか公式グッズや新商品に加え、豪華DVD付き単行本の第2弾『クリエイターズ・ファイル Vol.02 BOOK&DVD 2枚組スペシャル・セット』の発売まであって、本当にもりだくさん!

この世界観をすべてロバート秋山が生み出しているのかと思うと、やっぱり鬼才すぎる……!! まるでお祭りのようなこの一大イベント、皆さんぜひとも足を運んでみて。

参照元:展覧会公式サイトクリエイターズ・ファイルTHE GUEST cafe&diner
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch