シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

レッドラメネイルはパーティーシーンにも◎

シルバーやゴールド以外にも、さまざまなカラーバリエーションがあるラメ。その中から今回は、パーティーシーンをはじめとする華やかな場面にもピッタリなレッドラメにスポットを当ててみたいと思います。鮮やかなレッドラメを使ったネイルにはどのようなデザインがあるのか、さっそく見ていきましょう!

レッド×1本だけレッドラメのシンプルネイル

Nail Angeal

Nail Angeal

鮮やかに輝く、レッドラメ。これを使ったネイルデザインには様々なバリエーションがありますが、シンプルネイルをお好みの方には、レッドのワンカラーネイルを基本デザインとしつつ、1本だけをレッドラメで埋め尽くすデザインをおすすめします。
周囲の目を惹きつける鮮やかなレッドネイルの中にレッドラメネイルがキラリと輝く、大人で上品なデザインに仕上がりますよ♪

レッドはゴールドとの相性も抜群ですので、ゴールドカラーのメタルパーツやカーブスティックをプラスしてもいいですし、パールをプラスして上品かつ華やかなデザインにアレンジしてもいいでしょう。
Treail (大阪)

Treail (大阪)

レッドグリッターラメを使った上品ネイル

JULIET (愛知・名古屋)

JULIET (愛知・名古屋)

ひとくちに「ラメ」と言っても、大きくカットされたホログラム状のものや細かく砕かれたもの…というように、その種類は実に様々です。そんな数あるレッドラメの中から大人女子の皆様におすすめしたいのが、非常に細かい粒子でできたグリッター状のレッドラメです。

粒子の細かいレッドラメならば爪全体に塗っても派手になりすぎることはありませんし、かといって地味なわけでもなく、光を程よく反射して上品な輝きを放ちます。

パーティーシーンをはじめとする華やかな場面では、粒子の細かいレッドラメで爪を彩ってみてはいかがでしょうか。ポイントでパールビジューをあしらったり、ゴールドラメネイルと組み合わせたりするのもおすすめですよ!
Treail (大阪)

Treail (大阪)

セルフでも簡単!レッドラメのグラデーションネイル

Treail (大阪)

Treail (大阪)

セルフネイラーさんの中にも苦手意識を持っている方が多い、グラデーションアート。しかしラメを活用すれば、セルフネイル初心者さんでも本格的なグラデーションアートを楽しめます。

やり方はとてもシンプルで、爪の中間から爪先にかけて、密度が濃くなっていくよう調整しながらラメを乗せていくだけでOK。爪先1ミリだけにゴールドラメを乗せたり、フラワーアートを重ねたり…といったアレンジを楽しんでみるのもおすすめですよ♪



Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事