シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

リバウンドは絶対に回避!「秋ダイエット」を成功させるたった1つのコツ

体型や肌を露出する服を着ることも多かった夏も過ぎ、すっかり秋らしくなりました。気候も涼しくなり始め、仕事帰りに「美味しいものでも食べたいな~」と食欲が湧いてくる季節ですね。

そんな季節だからこそ、ダイエットをしている働き女子は注意が必要。では一体、せっかく夏にスリムになった体型を秋も持続するためには、何に気をつけるべきでしょうか?

そこで今回は、江崎グリコが行った“秋のリバウンド”に関する調査の結果などを参考に、“リバウンドを回避するたった1つのコツ”をお伝えしましょう。

 

■食欲の秋、体重維持に自信ある?

調査は今年の夏、ダイエットに成功した20~40代男女500名を対象に行われたもの。

まず、「今年の秋、ダイエット後の体重維持に自信がありますか?」と聞いたところ、63%が「自信あり」と答え、37%が「自信なし」と答えました。

体型が隠れる秋になり、4割近くもの人々が食べる気満々ですでに“諦めモード”に入っているのでしょうか。また、「“秋”にリバウンドを経験したことがありますか?」と聞くと、「ある」と答えた人がなんと67%も!

次に、「ダイエット中やダイエット直後にも関わらず、食べたくなってしまった経験があるメニューは?」と聞くと、1位は「麺類」(56%)。秋はやっぱり、アツアツのラーメンなどが恋しくなる季節ですね。

2位は「ご飯もの」(54%)、3位は「スイーツ類」という結果に。ダイエット中、これら炭水化物など糖質系の食品を“悪”としながらも、やはり恋しくなってしまい失敗する人が多いようです。

 

■秋リバウンドを避ける秘訣は

さて、そんなダイエットの秋リバウンドを避けるために、気をつけたいことが1つあります。海外の健康情報サイト『Prevention』の記事を参考にお伝えしましょう。

それは、多少リバウンドしたからといって「自分に厳しくなりすぎないこと」。

トロント大学の実験結果によると、実際の体重よりも2キロ程多く見えるよう操作された体重計に乗った際、「体重が増えた」と思い込んで自分を責めたり恥を感じた場合、その後かえってやけ食いに走る傾向があるようで、スイーツをより多く食べてしまったそうです!

だから、この季節たまに「ごはんが美味しすぎて、2杯も食べちゃった!」「デザートにアイスクリーム食べた」なんてことがあっても、そこで落ち込んだり自分が失敗したと思わないこと。

普段ヘルシーな食生活を心がけているなら、たまには“失敗”しても大丈夫。気を取り直して、「今日はいいや、明日からまた頑張ろう!」「明日の朝は走るぞ!」と気分を切り替えることがダイエットの成功には大事なのです!

 

以上、ダイエットの秋リバウンドに関する調査結果と、“リバウンドを回避するたった1つのコツ”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

ダイエットとは、決して3食サラダを食べたり、炭水化物を完全に抜いたりすることではありません。バランスよく栄養を摂って運動をすれば、秋に旬を迎える美味しい食べ物を楽しむことだって十分可能なのです!

 

あわせて読みたい