シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

リップをチーク代わりにするのが今っぽい!簡単にメイクを格上げする方法

流行りの血色メイクには欠かせない「練りチーク」。しかし実は、新たにチークを買い足さなくても、手持ちのアイテムで代用することもできるんです。それが「リップ」。リップをチーク代わりに使うことで、じゅわっとした血色フェイスを作ることができますよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■ヘルシーなツヤ肌になれる!ルージュが練りチークの代わりに

グロスのようにベタベタしたものは不向きですが、ルージュのようなリップを練りチークのかわりとして使用することで、リップのツヤ感が程よいツヤ肌に仕上げてくれます。また、チークを入れる頬は顔の中でも高く出っ張っているので、ルージュのツヤ感がハイライト効果を生み出してくれるうえ、リップには保湿成分や美容成分が含まれているものも多いので、お肌のケア効果も期待できて一石二鳥なんです。


■今っぽくリップをチーク代わりに使う塗り方

STEP1:ファンデーションはリキッドタイプが好相性

ベースはリキッドタイプのファンデーションを使いましょう。リキッドなら肌を水々しく、より素肌感が出やすいタイプなので、ツヤが出るリップチークとも好相性なんです。

STEP2:リップは手の甲に出し、3本指でつける

リップを直接頬につけてしまうと、つけすぎてしまったり、ムラになりやすくなってしまいます。なので一度左手の甲にリップをとり、人差し指、中指、薬指の腹(第一関節まで)に付け、軽く置くように頬にポンポンポンとなじませていきます。

STEP3:なじませる時がポイント!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

(1)目尻〜口角を結んだ延長線上より外側にはみ出さないようにしましょう。顔の内側にチークを寄せることで、キュートな印象になり、外人のように横顔がすっきりしたメリハリのある印象になります。

(2)チークは丸じゃなく逆三角形を意識! チークの色味はメイクの行程の中でも濃い色なので、チークの入れる形によって顔の形の印象を大きく左右します。逆三角形に入れることで、縦長効果が出て小顔効果が期待できるんです。


コツさえつかめば、簡単に健康的なツヤ肌を作り上げることができます。みなさんも、リップで簡単にメイクを格上げしてみませんか?


(中花絵里香)