シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

リコピンはトマトの1.5倍!スイカの美容効果がすごい!

梅雨時はなんだか体がむくむし、外に出れば紫外線が気になる……。梅雨から夏にかけての美容対策はやることが山積みですが、こんな季節にぴったりな美容食が、旬を迎えた「スイカ」です。冷やして食べれば暑さで食欲がない時に活躍しますが、実はスイカに含まれるリコピンはトマトの1.5倍。「抗酸化作用」「若返り」「むくみ解消」が期待でき、美容成分がぎっしり詰まっているのです!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■リコピンはトマトの1.5倍!

強力な抗酸化作用があるとして人気のトマトですが、実はスイカにはその1.5倍のリコピンが含まれています。抗酸化作用をおさらいすると、シミやシワなど肌の老化を早めたり、ガンや動脈硬化の原因になったりする活性酸素を抑える働きがあります。美容と健康のためにトマトを食べている人も多いと思いますが、スイカもお薦めですよ。


■スーパーアミノ酸「シトルリン」で若返り効果が!

スイカはほとんどが水分のように感じますが、ビタミン、ミネラル、グルタミン酸、アルギニンなど、多くの成分をバランスよく含んでいます。中でも珍しい成分が「シトルリン」。日本の学者によって、スイカから発見されたアミノ酸です。砂漠に自生する野生スイカの葉にたくさん蓄えられ、その水分は貴重な生活用水として役立てられるほど、生命力が強いんです。

シトルリンは健康な血管を作ったり守ったりするため、酸素や栄養をすみずみまで届け、血行促進、冷え改善、肌つや改善などの美容効果があります。また、心臓病や脳疾患の予防にもなります。


■むくみ解消&予防効果も

スイカに豊富に含まれる「カリウム」は、体の中の余分な水分を排出してくれ、むくみ解消に役立ちます。薬膳でもスイカは「利湿(りしつ)」の効果があり、むくみを解消してくれる食材として古くから親しまれています。梅雨から夏にかけてのむくみやすい季節に、旬のスイカを食べることは理に適っています。

また、シトルリンにはむくみを予防する作用もあり、スイカはむくみ解消と予防が適う食材です。


いかがでしたか? スイカには体を冷やしてくれる効果もあり、体の中にこもった余分な熱も冷ましてくれます。これから暑くなる季節にぴったりですが、1日中クーラーに当たっていたり、冷え性がある人は、身体を冷やし過ぎないように気をつけて食べてくださいね。


(坂本雅代)

【参考】
すいか – JAみちのく村山
スイカの成分と効能 – 萩原農場
シトルリンの期待される効果 – 協和発酵バイオ