シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

リコピンの吸収をUP!美白肌トマトは「黄色」と「完熟」を食べるべし!

抗酸化作用が強く、美肌・美白のために欠かせない栄養素「リコピン」。リコピンは加熱することで体内への吸収がアップするためジュースで摂るのがおすすめなのですが、トマトジュースは苦手な方も多いですよね。そんな方におすすめなのが、「黄色トマト」と「加熱用トマト」。普通のトマトを食べるより効率的にリコピンが摂取できるようですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■「黄色トマト」と「加熱用トマト」がおすすめの理由

(1)加熱用トマトにはリコピンが約3倍

トマトの栄養分は完熟時にピークに達するため、加熱用トマトは完熟前に収穫する生食用に比べリコピンが約3倍も含まれています。また、リコピンだけでなく、「β-カロテン」や「ビタミンC」も約2倍、食物繊維も約1.5倍含まれているそうですから、美容と健康のためには加熱用トマトがおすすめなのです。
ちなみに加熱用トマトは、生食用のトマトに比べ実が固く煮崩れしにくい品種のため加熱用と記載されていますが、そのまま食べることもできますよ。

(2)黄色トマトのリコピンは生でもOK

加熱することでリコピンの吸収が高まるのは、生のトマトに含まれる「トランス型リコピン」が加熱によって身体に吸収されやすい「シス型リコピン」に変化するから。黄色トマトにはシス型リコピンが多く含まれるため、生で食べても加熱したトマトと同様に体内に吸収の良いリコピンが摂れます。

■加熱をしなくともリコピンの吸収率をUPさせる食べ合わせ

●トマト&ビタミンE

リコピンは「ビタミンE」と一緒に摂ることでも吸収率がUPします。トマトを加熱しないサラダには、ビタミンEが豊富なオリーブオイルを使いましょう。

●トマト&乳製品

乳製品と一緒に摂ることでも吸収率がUP! モツッアレラチーズと一緒に食べるカプレーゼや、トマトとヨーグルトのスムージーなどもおすすめです。


リコピンは、皮膚に蓄積してお肌を紫外線ダメージから守る食べる日焼け止め。加熱用トマトや黄色トマトを食べて、お肌を守りましょう。


(岩田麻奈未)

スプーン1杯!混ぜるだけで栄養バランスを整える「ヘンプシード」の食べ方
ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ
ブーム必至!?ダイエット・美肌づくりに◎「フルーツ麹」の作り方
美肌もダイエットも!?話題のスーパーフード「チアシード」戻し方・食べ方

【参考】
トマトの加熱調理により、リコピンの体内への吸収・蓄積が増加することを確認 – カゴメ
クックゴールドトマト – つる新種苗店
『桃太郎ゴールド』桃太郎シリーズ初の橙黄色トマト - 農業協同組合
トマト加工品について – 一般社団法人全国トマト工業会