シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

リアル地元めしの祭典「地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷」本日より開催! 日本各地のおいしいものをワンコイン500円で食べられるチャンス♪


東西南北の「地元めし」が一同に会する野外フードフェス「 第5回地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷」が本日2018年4月5日から8日まで開催されますよ〜っっ!

日本各地から日比谷公園にやってくるのは選び抜かれたリアルにうまい「地元めし」たち!

【第5回地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷】

日比谷公園で開催される屋外グルメイベント「第5回地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷」。北海道から沖縄まで、国内各地の隠れた名店やご当地グルメがドドンと集結します!

デパートで開催される物産展と「クオーゼイ」との最大の違いは、なんといっても「野外イベント」だということ。獲れたての鮮魚や野菜・肉類を、豪快に炭火などの直火で焼き上げるブースが多数出店するんです〜〜〜!


気持ちい春空の下で、できたてアツアツの「地元めし」をその場で食べられる……そりゃもう、間違いなく最&高じゃないですか。

【気になる「地元めし」をチェック!】

さてさて会場ではどんな「地元めし」が食べられるのか、その一部をご紹介。まず北海道からは、みんな大好き「厚岸産蒸しカキ」や「ボタン海老贅沢わっぱ飯」など。



群馬県からは「上州沼田名物焼きまんじゅう」、長野県の「黒豚ソーセージ」も美味しそうだよぉぉ。



熊本県からはダイナミックに直火で焼き上げる「馬刺しステーキ肉串」や、以前Pouchでもご紹介した宮崎県の「辛麺」などなど。



公式サイトには、ほかにもたくさんのメニューやクラフトビールなどが紹介されていましたので、ぜひそちらもチェックを。

【おトクに飲み食いを楽しもう!】

また、豪華海鮮やご当地ラーメンなどがなんと500円で食べられるという「ワンコイン地元めし」も登場。普段なら500円では食べられないようなメニューが、複数店舗から1日50食限定で期間中毎日提供されるんですって。狙って早めに行かなきゃ!

さらにさらに、会場では「クラフトビアスタンプラリー」も開催。それぞれ別の会社のクラフトビールを飲んでスタンプを4個集めると、その中からお気に入りの1杯をサービスしてもらえるという、のんべえには夢のような企画です。

【平日は開催時間延長☆】

「第5回地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷」の開催期間は4月5日〜4月8日の4日間。会場は、日比谷公園大噴水前広場です(入場無料)。開催時間が日によって少し違うのでご注意を。

4月5日(木)・6日(金) / 11:00〜21:00
4月7日(土)/ 10:00〜20:00
4月8日(日)/ 10:00〜18:00

初日と2日目の平日は夜9時まで開催されるというのがウレシイ! お仕事帰りに駆けつけて、夜風に当たりながら地元めしとビールなんてのも気持ち良さそう。

ちなみにイベントは雨天決行ですが、荒天の場合は中止になるとのこと。もしお天気などが心配な場合は、お出かけ前に公式サイトなどでご確認くださいね。

参照元:プレスリリース, 地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷
執筆=森本マリ (c)Pouch