シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ラーメン・恵方巻き・天ぷらがハンバーガーに!? ハードロックカフェの「ご当地バーガー」で日本の味を新発見!

001ehou

旅先で楽しみなものの一つといえば「ご当地グルメ」。地域の食文化が反映された料理は、味はもちろん食材や盛りつけ、食べ方まで個性豊かで食欲をそそられますよね!

人気のアメリカンレストラン「ハードロックカフェ」では、そんなご当地グルメをヒントに、国内全6店舗でそれぞれ限定のご当地バーガー「ローカルレジェンダリーバーガー」の販売をスタート。天ぷらや恵方巻き、博多ラーメンといった郷土料理とのコラボで、とってもユニークなご当地バーガーが誕生しましたっ。

日本のご当地グルメとアメリカンなハンバーガーを一体どんなふうに組み合わせたのか!? 地域別にご紹介していきましょう!!

【東京は天ぷら・WAGYUバーガー】

まずは東京から!! 上野駅店では、東京の郷土料理・天ぷら(かき揚げ)と180gのビーフパティをサンドした「お江戸かき揚げバーガー」(1980円)を限定販売。お肉の上にはのりの佃煮をアクセントにしたソース、かき揚げの上には天つゆのジュレをかけて頂くというユニークな一品です。

六本木にある東京店では、いまや世界的ブランドとなったWAGYUを使ったカツレツバーガー「WAGYUバーガー」(2980円)を販売。ボリュームたっぷり、お肉大好きさんにオススメです!

【横浜はすき焼きを贅沢に】

続いてクイーンズスクエア横浜内の横浜店では、横浜発祥のすき焼き(牛鍋)をたっぷり詰め込んだ「SUKIYAKIバーガー」(2480円)が登場。特製の甘からい割下で煮込んだ牛肉に、半熟卵をプラスした贅沢な一品。付け合わせにサクサクのレンコンチップも。

【大阪は串カツ・恵方巻き】

大阪・本町にある大阪店では「串カツバーガー」(1980円)を限定販売。180gのビーフパティとオニオン、オクラ、エリンギの串カツを豪快にサンド。大阪の地ソース・ヘルメスソースにつけて召し上がれ!

ユニバーサル・シティウォークTM大阪店では、大阪発祥の恵方巻きをアレンジした「恵方巻きバーガー」(2080円)を販売。七福神にあやかって、ビーフパティ、トマト、レタス、オニオン、モントレージャックチーズ、ドロソース、BBQソースの7つの食材を真っ黒のバンズで挟んだ、見た目もユニークな一品。最後まで無言で食べられるかな!?

【福岡は博多ラーメン】

最後は九州へGO! 福岡ドーム近くの福岡店で「博多ラーメンバーガー」(2280円)を限定販売。細いめんを使った独特のバンズに、自家製チャーシューをサンド。特製の豚骨スープにつけてどうぞ!! サイドメニューとしてチャーハンのライスコロッケも。ハンバーガーなのか、ラーメンなのか、とにかくおもしろい一品です。

ご紹介した「ローカルレジェンダリーバーガー」は、ハードロックカフェ全6店で7月13日から8月31日までそれぞれ限定販売。6品とも遊び心たっぷりで、しかもおいしそう~。あなたはどのご当地バーガーを食べてみたい!?

参照元:@Pressハードロックカフェハードロックカフェ / Facebook
執筆=シナモン(c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: ラーメン・恵方巻き・天ぷらがハンバーガーに!? ハードロックカフェの「ご当地バーガー」で日本の味を新発見!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事