シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ラテとオレの違いって?コーヒーショップで「自分好みに注文する」コツ

ビジネスパーソンの味方であり、仕事の良き相棒でもある、コーヒー。

たとえば、ラテを飲みながら密かに「この苦味、もう少しマイルドにならないのかな~?」なんて思ったことはありませんか?

そんな人には、ラテよりカフェオレ(カフェミスト)の方がオススメだったりするのです。

今回は、自他共に認めるコーヒー・ラバーである筆者が「もっと自由に自分好みのコーヒーが飲みたい!」そんな風に思っている働き女子にむけて、コーヒーショップで戸惑わないオーダー基礎知識3つをご紹介します。

これで、あなたのコーヒーライフがもっと自由で楽しくなること間違いなしです!

 

■ダークとライトの違いって?

有名コーヒーショップのレジの横に「今日のコーヒー」の豆の種類とともに記された、ダークとライトの文字。

ダークは深煎り、ライトは浅煎りのことで、コーヒー豆を焙煎する時の温度の高さと時間の長さを意味します。意外なことに、含有カフェイン量はどちらも一緒。

ミルクを入れてまったりとした深いコクを楽しむなら、しっかりと焙煎の風味が引き出されたダーク(深煎り)を、ブラックでコーヒー豆のフレッシュでフルーティな香りを楽しむならライト(浅煎り)をチョイスするのがいいでしょう。

 

■エスプレッソとドリップコーヒーの違いって?

エスプレッソは、細かく挽いたコーヒー豆に沸騰水を使い専用機械で圧力をかけて抽出したコーヒーで、深い味わいが特徴。ドリップコーヒーは中挽きのコーヒー豆を使いお湯を注ぎながら作られたもので、飲みやすいのが特徴です。

どちらがいいかは好みですが、朝一番はドリップコーヒーで緩やかに体を目覚めさせて、ランチの後はエスプレッソで爽快にリフレッシュするなど、TPOによって変えてみるのもオススメ。

 

■ラテとカフェオレの違いって?

どちらもミルクがたっぷり入ったコーヒー。さて両者の違いはなにかご存知でしょうか?
ずばり、ラテは“エスプレッソ”にあたたかいミルク、カフェオレは“ドリップコーヒー”にあたたかいミルクを注いだものなんです。
エスプレッソベースのラテはコクと苦味のある大人味、マイルドなドリップコーヒーがベースのカフェオレはミルクコーヒーのようなもので優しい味が楽しめます。
カフェオレはカフェミストという商品名で販売されていることも。

 

以上、コーヒーショップで戸惑わないオーダー基礎知識3つをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

今までなんとなくメニューのままにオーダーしていたコーヒーをもっと自分らしく楽しめたら、オフィスワークも効率アップが狙えそうですよね。

さあ、そろそろ、おいしいコーヒーでホッと一息いれませんか?

 

【関連記事】

※ 仕事の合間に飲むコーヒーを「より健康につなげる」ための飲み方とは

※ 働き女子はぜひ飲んで!「朝1杯のコーヒー」が与えてくれる4つのメリット

※ 管理栄養士が警鐘!「和食ランチは健康的」と言い切れない意外な理由

※ 田丸麻紀も井川遥も対策してる!夏オフィスの「隠れ冷え症」自己チェック表

※ アラフォー世代は化粧水の前に生●●!忙しくても手軽に美肌を取り戻す方法

あわせて読みたい