シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ヤダ泣ける…15歳の●●に捧げるラブレター動画がすごいと話題

ヤダ泣ける…15歳の●●に捧げるラブレター動画がすごいと話題

仕事や恋愛で辛いことがあっても、愛するペットのかわいらしい表情やしぐさを見るだけで心がいやされますよね。

ペットは家族の一員ともいえる大切な存在ですが、実は同棲カップルや夫婦にとって円満の秘訣でもあることをご存知でしょうか? 今回は『Menjoy!』の過去記事をもとにカップルでペットを飼うべき理由3つをお届けしたいと思います。

 

■1:喧嘩の仲裁役になる

一緒に暮らすなかで些細なことで喧嘩になり、そのまま何日も口をきかない……なんてことはありがちですよね。でも、動物を飼っていればペットの話題が会話の糸口になり、冷戦状態は長くは続かないといいます。

そもそも口論がヒートアップしかけた瞬間、ペットが横で寂しそう不安そうな表情をしていたら、「やっぱり喧嘩はやめとこう」という気にもなるので、喧嘩の頻度そのものが減りそうですよね。

 

■2:結婚生活のイメージがわく

なかなか結婚に踏み切れない同棲カップルこそぜひペットを飼うべし! ペットを飼うことで結婚生活のイメージがわきます。

たとえば、彼がペットをかわいがっている様子を見ると、「将来いいパパになってくれそう」と安心感がもてますよね。また、病気になったペットの看病をするパートナーの姿を見て惚れ直すなんてこともあるようです。

 

■3:ペットを真似ることで愛され上手になる

ペットの愛くるしいしぐさを見て、思わず抱きしめたくなることってありますよね。また、ペットが何かそそうをしても、しゅんとした表情を見せられると怒る気持ちも失せてしまわないでしょうか?

このようなペットのしぐさや表情を真似ることで、カップルのスキンシップが増えたり、いつも穏やかな気持ちで相手に接したりできるという効果が期待できます。

 

■実はペットにも高齢化の波が……

家族の一員であり、カップルの潤滑油にもなってくれるペット。そんなペットのなかでも特に人気の“犬”ですが、実はワンちゃんにも高齢化の波が押し寄せているということをご存知でしょうか?

一般社団法人ペットフード協会の調べによれば、犬の年齢で最も多いのは“7歳以上(高齢期)”で53%。“1~6歳(成年期)”の40%を上回るのだそうです。しかも、2010年までは“高齢期”と“成年期”の割合がほぼ同じだったとのことなので、ここ数年で急速に高齢化が進んでいることがわかります。

犬は人間の約5倍の速さで時を刻むといわれており、子犬のときから飼い始めたワンちゃんもいつしか飼い主の年齢を追い越し、やがて寿命を迎えます。それでも、「どうか長生きして一緒に過ごす時間がいつまでも続きますように」というのは飼い主たちの願いです。

そんな飼い主の思いを描いた話題の動画がこちら。

 

ペットの健康的な長生きを応援するプレミアムペットフードブランド『EUKANUBA(ユーカヌバ)』が作成したというこの動画、ちょっぴりせつなくも最後はほっこりさせられますね。

 

動画を見て、“ペット飼いたい”欲がむくむくと湧いてきた方も多いのではないでしょうか? カップルで寄り添う傍らペットがいると、もっと素敵な毎日が送れそうですよね。

 

【参考】

『A LETTER TO MY DOG』~15歳の愛犬に捧げる今までの感謝と、これからの希望を込めた一つの手紙~

実はペットを大事にすることが結婚への近道だった!? – Menjoy!

ペットに学べ!「究極の愛され上手」になる方法4つ – Menjoy!

投稿ヤダ泣ける…15歳の●●に捧げるラブレター動画がすごいと話題Menjoy! メンジョイの最初に登場しました。