シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

モテ子はやらない!男が「実はやめてほしい」と女に思うこと3つ

男が女に何を求めているのか、リストにしたらスゴ~く長くなるかもしれませんが、「絶対にこれだけはやめて~!」というリストなら、それほど長くはないはずです。男が望む女になるのは大変でも、なってほしくない女にならないでいるのは、意外に簡単かもしれません。

そこで、海外女性向け情報サイト『all women stalk』に掲載された記事を参照に、男が「実はやめてほしい」と女に思うことを紹介したいと思います。これを知って、男がやってほしくないことをせずにいれば、まず嫌われることはなさそうですよ!

 

■1:「仕事と私、どっちが大切なの!?」と迫らないで!

仕事は男の命です。仕事で活躍できてこそ自信も沸くし、男としてのエゴやプライドが満たされるのです。仕事が忙しければ優先しなければいけないし、女にはその辺を理解してほしいと思っています。

それなのに、なかなか彼とデートができないと文句を言ったり、「私と仕事、どっちが大切なの!?」と迫ったりしたところで、男は答えようがありません。彼にどちらかを無理に選ばせたら、破局に至る可能性が高くなることを覚えておきましょう。

 

■2:俺を変えようとしないでくれ!

最初は彼に夢中でも、一緒にいる時間が長くなると徐々に不満が出てくるものです。交際当初は相手の全てを受け入れていたのに、女は途中から、自分が望むように男を調教しようとする傾向があります。

パートナーが自分を変えようとしていると分かると、男は自分が受け入れられていないと感じて、距離を置きたくなってしまうのです。もし、どうしても彼に変わってほしいところがあるなら、彼を褒めて感謝して持ち上げて、手の平で転がしながら少しずつしつけていきましょう。

そうすれば、彼も自分が調教されているとは気付かずに、あなたが望む男に変貌を遂げてくれるはずです。

 

■3:結婚を迫らないで!

誰だって、何事も強制されたくはないですよね!? あなたに結婚を迫られたら、彼は結婚を義務のように感じてしまいます。そうすると、「結婚したい」ではなく「結婚しなければいけない」という、やるせない気持ちに……。

男って、女が結婚を考えていない時に結婚を意識したりするので、“急がば回れ!”ではないですが、結婚のプレッシャーを与えないほうが近道だと思っておきましょう。

 

いかかでしたか!? この3つぐらいなら、頑張れば守れるのではないでしょうか。“男が望んでいるのに絶対に女がやめない3つのこと”を心に刻み付けて、彼に嫌われないようにしたいものですね。

 

【画像】

beeboys/Shutterstock