シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

メイク中10分の…彼女の秘密!「男ウケ断トツモテ子」の技あり化粧テク

巷では「女性のカワイイと男性のカワイイは違う」といいますが、ズバリメイクにおいても同様。女性に人気の赤リップや、おフェロチークは男性からは「どこがいいのか分からない……」という声も耳にします。

男ウケメイクを無視して、流行ばかりに乗っていると、カレの恋愛対象から外れてしまうなんてことも!

そこで今回は、イメージコンサルタントである筆者が“男ウケ断トツモテ子の技あり化粧テク”をご紹介します。

 

■王道モテメイクの鉄板はコレ!“女子アナ風を心がけよ”

男性の好みのテッパンとして挙げられるのが、“田中みな実”“カトパン”などの女性アナウンサー。女子アナに憧れを抱く男性に、その理由を掘り下げて聞いてみると、「芸能人ほどではない、手の届きそうな感じ」「清楚でありながら、男の好みにドンピシャ」ということで、彼女たちアナウンサーが絶大な支持を得ているようです。

女子アナメイクにスポットを当てながら、モテメイクを検証していきましょう!

 

■3つがポイント!女子アナメイクから“愛され顔”を検証

(1)アイシャドウはベージュ・ブラウンがマスト

女子アナたちを見ていると、カラーアイシャドウはほとんど使用しておらず、基本はベージュやブラウンのアイシャドウが定番です。

パープルやブルーのアイシャドウをつけているだけで「メイクが濃い!」と判断してしまう男性もいるなか、ベージュやゴールドは万人受けする最大のモテカラー。押さえておいて間違いはありません!

(2)マジックカーラーで髪に自然なカールを

TVに映る女子アナを見て「髪巻き過ぎ!」なんて思ったこと、ありませんよね? 華やかさを演出しながらも、忘れてはいけないのが清潔感。

そこでメイク中に大活躍するのが、マジックカーラーです。メイクをする前に前髪やトップにカーラーを巻きつけ、メイク後に外せば自然なカールを付けることができます。髪のセット時間も短縮できるので、おススメですよ。

(3)愛され顔の秘密“ホルモンタンク”を仕込んで

イケメン俳優や売れっ子女優の多くが、ぷっくりとした涙袋の持ち主。別名“ホルモンタンク”と呼ばれ、異性に「セクシー、魅力的」という性的アピールをイメージさせるといわれています。もちろん、女子アナたちも例外ではありません。

ホルモンタンクは生まれながらに個人差がありますが、メイクで仕込むのは簡単! ゴールドや薄いピンクのアイシャドウで、下まぶたをなぞるように色をのせていきます。

さらにぷっくり感を強調したいときは、下まぶたにアイシャドウをのせた後、その下にブラウンのアイシャドウで影をつけるようにのせていきます。陰影をつけることで、下まぶたのホルモンタンクが引き立ち、よりぷっくり見えますよ。

 

男性ウケ絶大な女子アナには、カレの理想へと近づけるヒントが詰まっているかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【姉妹サイト】

※ 2位はエレキテル連合!「消えて残念な一発屋芸人」1位とその現在は…

※ 「ほめくり修造」人気から考える!? 誰もが元気になるホメトーク