シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

マジかよ~!男が最悪だと思いつつ「NOと言えないデート」3選

特にデートのプランを決めていない時に、彼から「今日は何したい!?」と質問されたことがある女性はたくさんいるでしょう。ですがこの瞬間に、彼が内心ハラハラしていると知っている人は、意外に少ないかもしれません。

彼女を喜ばせるためにOKしてはくれても、「マジかよ~!」なんて思っている場合もあるんですよね。そこで、海外恋愛情報サイト『Lovepanky』に掲載された記事をもとに、‟男が最悪だと思いつつNOと言えないデート3選”をお贈りします。これで、「今日は何したい!?」という質問への答えが、変わってくるかもしれませんよ!

 

■1:美術館やアートギャラリー

彼が芸術に興味でもない限り、美術館やアートギャラリーって苦痛でしかありません。知識がないのに意味不明な絵画や彫刻を眺めても、面白くないのは確かです。それなのに、2人分の結構な入場料を取られたら、お財布へのダメージもかなりのものに……。

もし、あなたが興味も知識もない車やバイクの展示会へ、彼に連れて行かれると想像してみてください。それと全く同じことです。

 

■2:ラブストーリーやお涙頂戴ものの映画

映画はデートの定番だと言えますが、何を見るかは大問題! 男性は、やはりアクション満載のハラハラドキドキする映画を好むので、ラブストーリーやお涙頂戴ものの映画は避けて通りたいところ。

特に、恋愛物で結婚が話題に出てくるストーリーだと、映画の後で作品の感想をあなたに尋ねられても、コメントに困ってしまうでしょう。女性好みの作品をどうしても見たいなら、彼も笑って楽しめるラブコメ物を選ぶのが無難と言えます。

 

■3:ショッピング

男性の脳は目的型なので、ショッピングに行っても買う物をすでに決めていて、サッサと済ませてしまう場合がほとんどです。なので、サイズや形、色などを選択して、簡単に目的の商品が探せるオンラインショッピングを好む傾向にあります。

一方の女性はと言えば、商品を買うまでに色々と見比べて回って、ショッピングの過程を楽しみます。そんな訳で、男性にしてみたらそういう買物につき合わされたら、退屈でしかありません。よくデパートやショッピングモールで、ベンチやソファに座り込んでいる男性を見かけますよね?

延々とウィンドウショッピングを楽しみたいなら、一人で行くか女友達を誘うようにしましょう。

 

たまには、女子が好むデートに付き合ってもらうのは悪くありませんが、デートは二人が楽しんでこそ意味があります。ぜひ参考にして、恋人の意見も取り入れたデートで盛り上がってくださいね!

 

【画像】

conrado / Shutterstock