シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ボーイズバーとは?ボーイズバーとホストクラブの違いと東京のお店

1:ボーイズバーとは?

ボーイズバーというのは、簡単に言えばガールズバーの男性版。カウンター越しにお酒を提供し、男性が接客してくれる飲みスポットです。しかし、それだけだとあまり具体的なイメージが湧きにくいという人もいるかもしれません。

バーであっても、イケメンの男性従業員が接客してくれるというなら、「ホストクラブとはどう違うの……?」という疑問を感じる人もいることでしょう。

それでは次節より、その違いについてご説明しましょう。

 

2:バイトが多い?ボーイズバーとホストクラブの違い5つ

ボーイズバーというものが、いまいちイメージしにくいという人のために、今回は恋愛コラムニストでスナックのチーママである、箱崎キョウコさんにお話をうかがいました。

(1)接客と接待

箱崎:ボーイズクラブというのは、基本的には普通のバーだと考えてもらっていいと思います。カウンター越しにお酒を提供して「接客」をするお店。それだけだと普通のバーですが、ボーイズバーは従業員が男性という特徴があります。

一方で、ホストクラブは従業員がお客さんの隣に座って「接待」をします。これが大きな違いですね。「接客」をするか「接待」をするかによって、風営法の扱いが変わってくるのです。

(2)営業時間

箱崎:「接客」となれば、バーとして営業の申請を出していることでしょう。そうすると居酒屋や飲食店と同じ扱いになります。営業時間も変わってきて、深夜営業が可能となるわけです。

ホストクラブはというと、風俗営業店として申請しているため、午前0時から午前6時までの深夜は営業ができない決まりになっています。

(3)値段設定

箱崎:値段設定においてもやはり、ボーイズバーとホストクラブでは違いがあります。ホストクラブに比べて、ボーイズバーのほうが値段設定が基本的に低め。一般的にボーイズバーは、ホストクラブよりもカジュアルに入れて気軽に行ける店というのが売りであることが多いです。

値段設定がホストクラブと同じになってしまったら、その売りがなくなってしまいます。

(4)お給料

箱崎:これは利用者にはあまり関係ないかもしれませんが、違いということではあるので、ご紹介しておきましょう。

ボーイズバーとホストクラブとでは、働いている男性たちへの給料に差が出てきます。ボーイズバーはホストクラブと比べてリーズナブルな価格設定であることは先に述べましたが、それに比例して客単価は少なくなってしまいます。それが働く側の従業員にも影響があるというわけです。

(5)指名制度

箱崎:ボーイズバーとホストクラブとでは利用システムなどにも違いがあります。基本的にボーイズバーは、応対してくれる男の子を指名できないことが多いです。しかし、ホストクラブは指名制度が導入されています。もちろん、指名料なども上乗せされることが多いですね。

またホストクラブは一度指名したら指名を替えられない永久指名制度が基本になります。なのでいろいろな男性とお話をしたいなら、ボーイズバーがおすすめと言えるでしょう。

 

3:渋谷や歌舞伎町が多いの?東京のボーイズバー5選

それではおすすめのボーイズバーをご紹介しましょう。

(1)men’s BAR Club 5ive

渋谷にある「men’s BAR Club 5ive」は、かなりイケイケ感のあるボーイズバーです。ホームページを見ると店内の様子がわかりますし、ツイッターなどのSNSも頻繁に更新しています。

スタッフが顔写真入りで紹介されているので、どんな人が在籍しているかが気になる人は、一度チェックしてみるといいでしょう。20代前半イケメンがたくさんそろっていますよ。

(2)BAR AKT 1号店

新宿区歌舞伎町にある「BAR AKT 1号店」。そのホームページをのぞいてみると、やはりイケメンぞろい。営業時間は22時~翌8時と、スタートは少し遅めなのですが、新宿で飲んでいて終電を逃してしまったときなどは重宝しそうなお店です。

初回入会金は500円と安め。飲み放題メニューも3時間からと、普通のお店が2時間なのに対して長めの設定で、女性なら1500円と、その価格の安さが光ります。

(3)BAR Moon

バンドマンが好き、ビジュアル系が好きという人であれば、V系スタイリッシュバーの「BAR Moon」がおすすめ。ホームページはすごくシンプルで、料金システムとアクセス、リクルート情報しかありませんでしたが、ツイッターを見てみると、「数十名の現役V系バンドマンが在籍」の文字が。

ツイッターに出てくる画像には、働いているV系イケメンがたびたび登場しているので、チェックしてみるといいかもしれません。

(4)KPOP KARAOKE CAFE & BAR Boy Friend

今度は新大久保にあるコリアンボーイズバー「KPOP KARAOKE CAFE & BAR Boy Friend」です。お店のホームページはないようですが、公式ブログがありました。

そこには不定期にスタッフが登場するのですが、やはりどの男性も韓流アイドルさながらのイケメンぞろい。出勤する人の名前が一覧になっていたりするので、ブログをチェックしてから行くといいかもしれません。

(5)BAR Force

最後は新宿区歌舞伎町にある「BAR Force」です。ホームページはあるものの、スタッフ紹介などはありませんでしたが、求人情報のところに「芸人・俳優の方も多数在籍してます」と書かれてありました。

これはイケメンのスタッフが期待できるのではないでしょうか。

 

4:まとめ

今回はボーイズバーについてご紹介しました。

都内のさまざまなボーイズバーを調べていて感じたのですが、すでに閉店してしまっているお店がたくさんあり、この業界のスピードの速さを感じます。

もし行ってみたいと思うなら事前にまだ営業しているか確認しておくことをおすすめします。

 

【参考】

men’s BAR Club 5ive

BAR AKT 1号店

BAR Moon

KPOP KARAOKE CAFE & BAR Boy Friend

BAR Force