シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ボジョレー解禁!ダイエットや腸内環境に「赤ワイン」の魅力

11月19日は「ボジョレー・ヌーボー」解禁の日。通常、熟成期間を経て味わい深くなる赤ワインですが、ボジョレー・ヌーボーは、炭酸ガスを利用した独特の製法で作られるため、熟成期間が短くても、まろやかな味わいになるのだそうです。そしてなにより、ポリフェノールが豊富な赤ワインは、抗酸化力が強いだけでなく、脂肪の蓄積を予防し、腸内環境美化にも働きかけるお酒なんですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■赤ワインを飲んで身体の中からキレイになれる理由 3つ

(1)総合的な肌ケアに

ブドウ由来のポリフェノール「プロアントシアジニン」は、抗酸化力の強いポリフェノールで、美肌の強い味方。
キッコーマンの研究によれば、プロアントシアジニンを摂ることで、半年で明確なシミの改善効果が確認されたそう。
また、サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)のスイッチをONすることでも知られる「レスベラトロール」も赤ワインに豊富に含まれます。このポリフェノールは、細胞の生まれ変わりをサポートしてお肌のターンオーバーを整える働きがあるほか、メラニンを作り出す酵素や、コラーゲンを分解する酵素の働きを抑える働きもあり、総合的な肌ケアにはもってこい。


(2)ダイエットにも

さらにレスベラトロールには「アディポネクチン」と呼ばれる善玉ホルモンの分泌が高まることもわかっています。アディポネクチンは、血液中の糖を細胞に運びエネルギーとして燃焼させる「インスリン」の働きをサポート、既に蓄積された脂肪を燃焼させる効果もあり、ダイエット中でも安心して飲むことができそうですね!


(3)腸内環境美化までも!?

ポリフェノールは、全てが身体に吸収されるわけではなく、大腸にも届きます。大腸に届いたポリフェノールは、腸内細菌と共に働き、善玉菌を増やすなど腸内環境美化をサポートする働きもあります。実際、赤ワインをグラス1杯程度、毎日20日間摂取することで善玉菌が増加した、との実験結果もありますから、腸内環境が気になる方は、赤ワインを飲むと良さそう!


まさに、内側から身体をキレイにしてくれる赤ワイン。11月19日は、フレッシュな味わいが魅力のボジョレー・ヌーボーを楽しんでみてはいかがでしょうか。


(岩田 麻奈未)

知られざる美肌の立役者!ビオチンって肌にどういう効果があるの?

ブドウ種子エキス(プロアントシアジニン) - キッコーマン
レスベラトロールの効果 - 富士フィルム
レスベラトロール - わかさ生活
アディポネクチン - わかさ生活
※日本ポリフェノール学会雑誌 vol.3