シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ホットヨガでニキビ?レッスン後「なぜか肌荒れする人」のNG習慣4つ

汗をたっぷりかくことによる老廃物の排出・ターンオーバーの正常化、体の隅々まで伸ばすことによる血行促進効果。ホットヨガは、これらの効果が期待され、女性から高い人気を集めています。

しかし、なかには、「ホットヨガを始めてからニキビができるようになった」という方も……。

キレイになるためのホットヨガでニキビができてしまうのはなぜなのでしょうか。下記の項目に心当たりがある方は、早速改めていきましょう。

 

■1:汗を放置する

汗をかくと、皮脂も一緒に分泌されます。そして、この汗と皮脂が混じったものを拭かずに放置していると、雑菌が繁殖。ニキビの原因になります。

レッスン中は清潔なタオルで汗を優しく拭き取り、レッスン後はシャワーを浴びて洗い流しましょう。

 

■2:汗をゴシゴシ拭く

汗を拭くときは、決してゴシゴシとこすらないこと。肌への刺激となり、ニキビだけではなく汗荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなります。

吸水性の良いタオルで、優しくおさえるように拭き取りましょう。

 

■3:保湿をしない

汗をかいた肌は、保湿成分も一緒に流れてしまっているので乾燥しやすい状態。なるべく早く保湿してあげる必要があります。そのため、レッスンが終わりシャワーを浴びた後、“家でゆっくりスキンケアをする”というのはオススメできません。

しっかりとスキンケアをしてから帰宅しましょう。

 

■4:水を飲まない

ホットヨガのレッスン中は、汗をたくさんかきます。すると、体内の水分は減少。この状態では、血液中の老廃物が増え、粘度が高くなり、肌に必要な栄養が行き渡りにくくなります。

レッスン中~レッスン後数時間は、意識的に水を飲むようにしましょう。

 

「ニキビができるからホットヨガはやめよう」と思う前に、上記の項目を改めてみてはいかがでしょうか。