シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

プロ彼女とは?プロ彼女になる方法とメリット・デメリットを探る

1:「プロ彼女」ってなんだか知っていますか?

「プロ彼女」とは、芸能人やスポーツ選手、さらには●億円プレイヤーとしか交際をしない女性を指します。

彼女らの正体を探ろうとしても、交際情報や個人情報を安易に入手することは難しい。

それでいて、モデルやタレントに劣らないくらい容姿端麗であるケースが多いのです。

プロ彼女の本当の意味は?

もともと、「プロ彼女」というワードは、芸能人の田村淳さんが結婚した際に、そのお嫁さんになる人について、エッセイストの能町みね子さんが呼びだしたお言葉。

一般的な定義として、「芸能人・スポーツ選手とばかり付き合う一般女性」「容姿は端麗」「本人は芸能活動を昔やっていたが、名前を検索しても見つからない程度」「ブログやSNSも見つからない。自己主張をほとんどしていない」などがあげられています。

しかし、俳優の西島秀俊さんが結婚したとき、西島さんの結婚相手に対する条件が厳しくて話題に。「それに応えられる女=彼女のプロ」という定義が生まれました。

同じく、織田裕二さんと結婚した女性も(あとで経歴がバレましたが)、何年も織田さんと交際していながら、周囲に決して洩らさなかったというところが評判になりました。このことから、プロ彼女の定義に、「陰ながら支えて彼氏(芸能人でなく、たとえ一般人でも)の株を上げてくれる女性」という意味も含まれるようになりました。

これらのことから言えるのは、要は「彼女」を極めている女性を指すということ。美貌と知識を人一倍磨きあげ、相手の男性のモチベーションを向上させる縁の下の力持ちであり、陰で誰よりも美しく咲き続ける花、とも言えるでしょう。

 

2:プロ彼女にはどうしたらなれる?

(1)美しい後ろ姿

プロ彼女は、360度どこから見ても美しい姿を保ち、常に一緒にいる男性に優越感を与えます。特に、後ろ姿は女性の雰囲気を一番醸し出しますね。姿勢や綺麗な背中、すらっと伸びる足などには、日頃からの努力がわかりやすく反映されます。

凛とした後ろ姿に、思わず振り返ってしまう人もいるのではないでしょうか? 自分自身が見えていない部分のケアは人を惹きつけます!

(2)出会いは大切に

どこでどう、「運命の出会い」があるかわかりません。常にアンテナを張っていなければなりませんね。

そのためには、人と人とのつながりを大事にし、自分自身も楽しむことがポイントです。運命の彼を探すのに疲れてしまうようでは、「プロ彼女」への道も遠のいてしまいます。

「今回の飲み会はたいしたことない」なんて思うことのないように、一期一会、人との出会いに感謝できると、出会いのチャンスも上昇しそうですね!

(3)どこでもお上品に

どんな場所でも、噂はすぐに広まります。それは、学校や職場などでも言えることですね。

飲み会で酔っぱらって、思い出したくないような失態をさらしてしまったり、食べ方が汚かったり……では、プロ彼女の素質ゼロです。

また、人を敬えなかったり、周囲の気を悪くしてしまうような態度には、細心の注意が必要です。そんな女性を連れ回したい素敵な男性など、いるわけないですからね!

(4)相手を気遣う

芸能人や一流の人たちの周辺には、綺麗で可愛い人、笑顔で元気いっぱいな女の子がたくさんいます。その中で特別な存在になるためには、相手への気遣いは欠かせません。

「相手にどう思われるか」ではなく、「相手と同じ気持ちを共有できる女性」はそういません。

(5)でしゃばらない

いつでもどこでも、自分がでしゃばる女性はプロ彼女とは言えません。食事をするときに、自分の飲み物や食べ物のことばかりを考えていたり、自分の話ばかりをしてるようでは相手の心も疲れてしまいますよね。

プロ彼女は聞き上手。常に、相手の心を優しく包み込むような落ち着きも必要です。でも、決して「しゃべらない女性」ということではありません。そのバランス感覚をもっている人こそ、プロ彼女の素質アリです。

(6)自分の世界を持つ

仮に、芸能人や一流の人と出会えても、彼らには彼らの時間の使い方があります。会いたいときに会えるとも限らないし、寂しい思いもするかもしれません。

女性は、その感情をうまく自分で処理する必要があります。つまり、プロ彼女には自分の世界をしっかりと持っていることは、欠かせない資質なのです。

(7)承認欲求を封印

「誰かに認められたい!」「この素晴らしい交際に誰か気づいて!」……そういった匂いをぷんぷん放っているようでは、プロ彼女失格です。承認欲求を封印しましょう。

芸能人や一流の男性は、自分のキャリアのリスクになるような女性と付き合ったりはしないのです。

 

3: プロ彼女になるメリット・デメリット

メリット

1. 自分の長所を伸ばせる

プロ彼女は、世の中から注目されている一流の男性に必要とされている存在。そして、そんな彼氏に容姿、内面、知識全てを認められているわけです。

自分にも自信がつきますし、誇りを持って美貌も知性も磨き続けることができます。女としても、ぐんと成長できること間違いありません。

2.異世界を見られる

プロ彼女は、一般人として普通に生活していたら絶対に見られない、華やかな世界をたくさん見られるでしょう。

もちろん、キラキラしている世界の裏側にある、苦悩や闇も多いかもしれません。でも、大きなお金が動いている世界を見られるチャンスは、普通に生活していたらありませんからね。

3.経済的な自由が広がる

プロ彼女になると、恋人と一緒に外を歩けなかったり、隠さなければならない情報がたくさんでてきます。それでも、プロ彼女になることによって、経済的な自由は確実に広がるでしょう。

試したかった高級なエステやジムにショッピング……夢は広がりますね!

デメリット

4.時折感じる孤独

自分の存在を公表できないため、簡単に自分のプライベートを外に漏らすことはできません。また、相手の彼氏の名誉を守ることもプロ彼女のお仕事です。だんだんと、友人関係も狭まっていってしまいます。そんなとき、ふと感じる孤独は、避けることはできません。

5.突然の別れ

芸能人や一流の人間と結婚することは決して簡単ではありません。別れは突然やってきたりします。普通の人以上に、たくさんの秘密やルールを抱えながら生きているから、いつどうなるかなど予測不能なのです。

それでも、プロ彼女は、別れたあとに「彼に裏切られた!」などと自身のSNSや週刊誌などに暴露したりはしません。

6.普通を味わえない

彼氏と外で手をつないで歩いたり、テーマパークや公園でデートしたり。はたまた、結婚の約束を交わしたり……。普通の恋人だったら普通なことが、簡単には叶わないのがプロ彼女。

ひとりになった瞬間に、普通の恋愛をしている人たちのことを羨ましく思うことも。普通の幸せって、とってもあたたかいものですからね……。

 

4:「プロ彼氏」っていないのか?

プロ彼女がいるならば、「プロ彼氏」がいたっておかしくありませんよね。世の中には、女性でも活躍してる人がごまんといますから。

でも、そういった女性は、自分と同格、もしくは、自分より格上の人を選ぶ傾向が強く、彼女を陰で支えるプロ彼氏は中々見当たらない印象です。

容姿も中身もプロ彼女並みだけど、収入が少なくて家でゴロゴロしてるだけとか、「俺はいつかビックになって、優雅な暮らしをさせてやる!」と夢ばっかり吹いて、彼女の家に転がり込んでいるといった男性はけっこういます。しかし、「陰で支える」という、もっとも大切な部分ができていないので、プロ彼氏とは認められませんね。