シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

プロポーズリングの人気ブランド!プロポーズのプレゼントは指輪以外でもOK?

1:プロポーズの指輪はあとでOK?

プロポーズのときには、指輪があるに越したことはありません。しかしそれは、あくまでも真実の愛の証です。エンゲージリングは自分で選びたいという女性も多いですし、プロポーズの本気度を指輪以外のもので実証できるのであれば、問題ないでしょう。

でも、自分だけが実証できたと思って満足しているようでは、相手の女性が同じ気持ちとは限りません。逆に、相手の気持ちをいちばんに考えることで、リング以外でのプロポーズも成立するかもしれませんよ。

 

2:プロポーズに指輪以外のプレゼントってどう?それぞれの女子の本音5つ

(1)フラワーギフトは…

「プロポーズのときはお花にして、指輪は後日ふたりで選びに行こう、っていう話ならば許せますけど、フラワーギフトだけで収めようっていう魂胆なら、ありえないですね。なめてんのかって感じです。

そもそもプロポーズって、指輪を買うために何か月もかけて貯金をして、だからこそ覚悟を決めてできるっていうものだと思うんです。フラワーギフトって、普通のデートでももらえるものですよね。一世一代のプロポーズにそんなものを渡されて嬉しいわけありません。私にはお金も時間もかけたくないの?って思うだけです。

私にとって結婚ってそんな、ゆるいもんじゃないんで、そんなことされたら断りますね」(Yさん・26歳)

(2)オルゴールは…

「プロポーズにオルゴールを贈る男性って、世の中に存在するんですか? 私にはちょっと意味がわからないかな……。自作とか言われたら、余計に困ります。

そういえば、音の出るメッセージカードみたいに、ボックスを音楽が流れて結婚しようっていう言葉が書いてあるっていうのが結婚した友達の家の下駄箱の上に飾ってありました。あれもオルゴールっていえばオルゴールですかね。そういうプロポーズを素直に喜べる子もいるのかもしれないですが、私だったら、そのボックスの中に婚約指輪を入れておいてほしいです」(Uさん・27歳)

(3)ネックレスは…

「エンゲージリングの代わりに、ダイヤモンドのネックレスにしたというのであれば、彼なりの気遣いなのかなって思います。でも、それネックレスにする意味ある?っていうのが正直な感想です。でも、他では見つけられないようなオーダーメイドのダイヤでできているネックレスとかなら、その場で付けてもらうときにプリンセス気分になれるし、いいかも!」(Mさん・29歳)

「ドラマ『花より男子』がドンズバ世代なんですが、ドSの道明寺がつくしに愛の証に贈った土星のネックレスに感動して号泣したので、道明寺的な彼氏ができて、プロポーズにネックレスくれたら、それはそれで嬉しいかもです。でもやぱり、婚約指輪のほうが嬉しいかな」(Kさん・32歳)

(4)ぬいぐるみは…

「私はすごくぬいぐるみが好きなので、特大のテディベアが指輪を持ってるっていう設定なら、すごく嬉しいです!! でも、ぬいぐるみだけだったら、逆になんのため……?ってなっちゃいますね。サプライズかと思って、指輪探して、その場が変な空気になっちゃいそう(笑)」(Iさん・23歳)

(5)家は…

「サプライズでずっと狙ってた新築マンションの鍵をプロポーズで渡されるなら超ハッピー!! 指輪なんていらない!ってなりそう。でも、結局あとから指輪をおねだりしちゃいそうです」(Hさん・25歳)

 

3:ハワイアンジュエリーもあり? プロポーズリング…人気ブランドは?

(1)ティファニー

この投稿をInstagramで見る

 

Tiffany & Co.さん(@tiffanyandco)がシェアした投稿

アメリカを代表するハイジュエラー、「ティファニー」。美しい輝きを放つブライダルリングのスタンダードとして有名なだけでなく、ティファニーブルーのジュエリーボックスも、婚約指輪のブランドとして人気の理由となっています。

ヨーロッパには、結婚式の当日、花嫁は「新しいもの」「借りたもの」「古いもの」「青いもの」を取り入れると幸せになれるという伝説があります。その「青いもの」としても、ティファニーブルーのボックスはピッタリなのです。

(2)カルティエ

1847年にパリで創業した「カルティエ」は「王の宝石商、宝石商の王」と呼ばれ、その豊かなクリエイションは数々の伝説を生みました。ラブリング、エタニティリングなどなど、愛し合うふたりの永遠を誓うにふさわしい名がついたリングも豊富で、結婚指輪も婚約指輪もカルティエにしたい、という憧れをもつ女性は多いです。

(3)ハリー・ウィンストン

ダイヤモンドといえば「ハリー・ウィンストン」と言われるほど、世界中の女性の憧れの的となっているはジュエラー。その創始者は、宝石の真の価値を見抜く類稀な才能、そしてその美しさにこだわり続ける並外れた情熱から“キング・オブ・ダイヤモンド”と呼ばれていたそう。その審美眼を受け継ぐジュエラーのプロポーズリングはまさに一生モノ。代々受け継ぐにふさわしいものとなるでしょう。

入店するのも予約が必要で、専用の席を用意してくれて、予算に合わせてひとつずつ丁寧に見せてくれるというスタイルもこのジュエラーならではの「特別感」ですね。

(4)ブルガリ

独特の素材使いとボリューム感を融合した、モダンでエレガントなハイジュエリーといえば、イタリアのハイジュエラー、「ブルガリ」。エンゲージリングの中には、側面に「BVLGARI」と刻まれたものや、ひと目でブルガリのデザインだとわかる「B.ZERO1」のダイヤモンドリングもあり、満足感の高いエンゲージリングが選べることから圧倒的な人気があります。

(5)プアアリ

今、オシャレカップルに人気を集めているのが、さまざまな願いや意味、愛が込められているハワイアンジュエリーの婚約指輪。

恵比寿に本店があり、オンラインショップもある「プアアリ」はハワイアンジュエリーは、品質を保証された日本製の地金素材に現地で修行を積んだ熟練の職人が、ハワイと同じ設備が整う日本国内の工房で手彫りしている一点もの。婚約指輪にふさわしいハワイアンジュエリーが手に入ります。

 

4:まとめ

プロポーズでは、愛さえ伝わればそれ以上のものは必要ない、と言いますが、それは詭弁。やはりエンゲージリングは女子の永遠の憧れです。それを叶えられる男性も(基本的には)世界でたったひとりしかいないのですから。プロポーズリングは、ほかのもので代用することはできないのです。すてきなプロポーズリングこそが、彼女への愛の大きさです。少なくとも、女性はそう思っていることをお忘れなく。