シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

プチプチ食感&濃厚クリーミー!たらこクリームパスタ 【プロが教える本格パスタレシピ】

たらこクリームパスタの作り方

材料(2人分)

パスタ(スパゲッティーニ 1.7mm)・・・2人分

たらこ・・・3腹(180g)

バター・・・20g

生クリーム・・・160g

パルメザンチーズ・・・40g

酒・・・大さじ1

しょうゆ・・・大さじ1

塩・・・少量(味付け用)、適量(パスタをゆでる用)

粗挽き黒こしょう・・・少量

大葉・・・10枚

焼きのり・・・適量

 

※たらこは無着色のものがおすすめです。ピンク色など、色が濃いものは塩味が強めなので、味付けの際に調整してください。

作り方

(1)たらこは薄皮を丁寧に取る

たらこは薄皮をきれいに取るのがなかなか難しいですよね。小野さんはたらこを横に置き、包丁で横一直線に切り込みを入れ、上下にたらこを開きます。一気に中身を出そうとすると薄皮が途中で切れてしまうので、上半分、下半分、または右半分、左半分に分けて、半分ずつ取り出すのがポイント。包丁の背を使って、丁寧にしごくときれいに中身だけ取り出せますよ。

(2)フライパンを強火で熱し、バターを溶かす。たらこを加えて、中火で炒める。酒を入れて軽く炒め、生クリームを加える。強火にして沸騰したら火を止めて、しょうゆを加える。

たらこを炒める時は中火にして、へらで押しながらポロポロに細かくほぐしていきます。この時、強火にしてしまうと、たらこが固まってひとつの塊になってしまうので要注意!

「酒と生クリームを入れたら強火にして、沸騰したらすぐに火を止めるのがポイントです。ここで火を止めないと、たらこがどんどん硬くなり、生クリームも分離してしまいます。たらこのパスタは火加減の調整が大切なんですよ」

なるほど。ここで程よい硬さのたらこに仕上げておくことで、おいしいプチプチ食感に仕上がるんですね!

(3)パスタは表示より1分短めにゆでる。待っている間に、大葉は細い千切りに、焼きのりはハサミで細く切る。

大葉は縦半分に切ってから重ねて、細い千切りに。切りたてが、一番香りが立つので、終盤のこのタイミングで切るといいですね。大葉と焼きのりは濃厚なクリームソースのアクセントになるので、たっぷり用意しておきましょう。

(4)再度火をつけ、ソースにパスタを加え、ゆで汁を多めに入れてよく絡める。味見をして必要なら塩で味を調え、パルメザンチーズを加える。皿に盛り付けて、粗挽き黒こしょうを振り、大葉と焼きのりをかけたら完成!

ゆで汁は100ccほど、通常よりもやや多めに入れます。ソースの煮詰まり具合をみながら調整して入れてください。既にたらこ自体に塩味がついていますが、それぞれ個体差があるので、味見をして必要なら塩を加えて味を調えます。

パルメザンチーズでさらにコクを加えたら、粗挽き黒こしょうを振って、大葉と焼きのりをたっぷりのせて、いただきましょう。

ひと口食べると、濃厚なクリームソースに絡んだたらこがプチプチと弾けて最高! クリーミーだけど、たらこの存在感をしっかり感じるのは、さすがプロの技。たらこが硬くなりすぎず、火の入れ具合が絶妙です。生クリーム、バター、チーズが生み出す三位一体のコクもたまりませんね。さらに、濃厚なソースをさわやかに引き締める大葉と、香ばしい焼きのりがいいアクセントになって、最後まで飽きずにペロリと食べられます。

作り方はシンプルなので、とっても簡単。火加減さえ気をつければ、おいしいたらこクリームパスタに仕上がります。辛いのが好きな人は、明太子で作ってもおいしいですよ! ぜひ、試してみてくださいね。

【取材協力】

小野宗隆・・・洋食屋『Bistro Coco 路地裏』のオーナーシェフ。イタリア料理、フランス料理を中心に料理長としてのキャリアを積み上げ、店舗立ち上げやメニュー開発などを多数経験。ソムリエの資格も持つ。

取材・文/岸綾香