シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ブラジャーにも忍ばせて!不運をその日に浄化「塩」開運テク3つ

毎日の生活の中で、ストレスは小さなものから大きなものまであり、イライラしたり心が沈んだりするものです。そんなネガティブな気持ちはその日のうちにしっかり落として、翌日まで持ち越さないことが、毎日を元気に明るく過ごすためのカギです。

そこで注目したいのが、塩のパワー。邪悪なものがあっても塩を使えば不吉なことや不運を遠ざけられると、古くから人々が生活の中で取り入れてきました。

そんな塩を使った浄化法をご紹介します。

 

1:塩入浴

入浴はそれだけでも、悪いものを洗い流す浄化の力があると言われています。でも湯船に塩を加えてそこに浸かれば、悪いものをよりきれいに洗い流してくれるでしょう。塩を入れて入浴すると身体が温まり、冷え症対策にもなって、一石二鳥です。

 

2:盛り塩

自分の家に悪いことを招き入れないための方法として、古くから伝えられているのが、盛り塩。小皿などに円錐型に塩を盛り玄関や寝室に置いておくと、良い気が呼び込まれると考えられています。

塩は毎日新しいものに取り換えるのが理想。少なくとも月に2度ほどは新しい塩に変えないと、効果が半減してしまいます。

 

3:塩ブラジャー

悪いものから自分を守るため、塩を常に身に着けておくのが、「藤原紀香も実践!ストレスを軽くする“塩ブラジャー”療法って何?」でもご紹介した塩ブラジャー。

ティッシュで小さじ1~3程度の塩をくるみ、それを胸とブラジャーの隙間に入れておくだけで、イライラしたり緊張する心を落ち着けてくれます。塩を入れる胸は左右どちらかでOKで、塩は毎日取り換えましょう。

苦手な人に会うときや勝負をかけたい日などに、お守り代わりに身に着けると心強いはずです。

 

スーパーなどで売られている塩にはさまざまな種類がありますが、浄化を目的にするなら、自然のエネルギーが詰まった天然の粗塩を使いましょう。

最近ツイていないと感じたら、塩のパワーを借りてあなたもハッピーを呼びよせてみませんか?

 

【おすすめ記事(PR)】