シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ブラジャーが傷みやすい…お手入れが原因!? 正しいお手入れと収納法って?

体のライン下着のお手入れをちゃんとしていますか? 型崩れや生地のほつれが早い場合は、正しいお手入れができていないのかも…。今回は、書籍『下着ボディメイク・メソッド&RIZAPの食事レッスン』から下着のお手入れ方法と収納方法をご紹介。

これで長持ち! ブラジャーのお手入れ方法と収納方法

下着の中でも特にブラジャー手洗い後に、風通しのよい場所で陰干しするのがおすすめ。洗濯機・脱水機・乾燥機を使うと、型崩れ生地のほつれの原因になります。また、お風呂の残り湯を使うのも避けましょう。

では、どのように洗って収納すれば下着を長持ちさせることができるのか? ブラジャーの洗い方の手順と収納方法を紹介します。

ブラジャーのお手入れ方法と収納方法

◆ブラジャーの洗い方

ブラジャーは消耗品。見た目に汚れていないように見えても、皮脂を吸っています。手洗いで丁寧に洗うようにしましょう。手洗いで洗うことで、形も生地も崩れることなく、長く愛用することができます。

【手順】

1.水またはぬるま湯(30℃以下)に中性洗剤を入れ、軽く押し洗い

ブラジャーの洗い方

2.きれいな水またはぬるま湯でしっかりすすぎ、タオルに包んで水分をとる

タオルに包んで水分をとる

3.形を整え、重ならないようにして陰干し

形を整え、重ならないようにして陰干し

【POINT】
しっかり乾燥させ、カビや臭いを防止。紫外線は変色劣化の原因に。丁寧に洗うことで、細かな汚れも落とすことができます。

◆ブラジャー収納方法

丁寧に洗ったら、収納方法も一工夫するだけで長持ちします。それは、カップをつぶさないようにすること。お店のディスプレイのように並べることで、選ぶときも見やすくなります。カップがつぶれてしまうと、生地も傷みやすくなってしまうことも。

【手順】

1.カップのつぶれや、ワイヤーの曲がりに注意。ベルトを内側に巻いていく

ブラジャー収納方法 ベルトを内側に巻いていく

2.ストラップとベルトはカップの中へしまう

ブラジャー収納方法 ストラップとベルトはカップの中へしまう

3.お店のディスプレイのように、重ねて収納

ブラジャー収納方法 重ねて収納

【POINT】

カップの部分を広げて収納すると、つぶれるのを防げてより長持ちします。

一見、キレイに思えても、実は汚れているのですね…。お気に入りのブラジャーをいつまでも使い続けるために正しくお手入れし、大切に収納しましょう。