シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ピエロ恐怖症って?ピエロ恐怖症の人が怖くなる理由とピエロ映画

1:ピエロ恐怖症とは?英語でなんて言う?

本来、ピエロとは人を楽しませる道化師ですが、それに対して特に強く恐怖を覚えてしまう心理状態のことを、「ピエロ恐怖症」といいます。、また「道化恐怖症」と呼ばれることもあります。

有名人の中にもピエロ恐怖症の人もいます。例えば、ハリウッドスターのジョニー・デップは、自身がピエロ恐怖症だと公言しているそうです。

英語では「Clown-phobia」と呼ばれるそう。「phobia」とは「恐怖症」の意味で、「acrophobia(高所恐怖症)」などにも使われます。

 

 

2:ピエロ恐怖症な人は多い?割合は?

実際のところ、ピエロが怖いという人はどれくらいいるのでしょうか。

今回、『Menjoy!』では、20〜30代の未婚の男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「“ピエロ”を怖いと感じますか」?と聞いてみました。

結果は以下の通りです。

感じる・・・259人(51.8%)

感じない・・・241人(48.2%)

半数の人が以上が、ピエロを怖いと感じているよう。

ピエロというキャラクターは、映画などで、恐怖心を煽るような形で登場していることもよくありますよね。そういったことも影響しているのかもしれません。

 

3:ピエロ恐怖症になるのはなぜ?原因3つ

では、なぜピエロを怖いと感じてしまうのでしょうか。考えられる原因を3つピックアップしました。

(1)幼少期のトラウマ

小さいころにピエロを見て怖いと思った経験が、トラウマとなっていることも。人によってどんな経験をしたかはさまざまですが、ピエロというのは、表情が読みづらく、子どもながらにその無機質さに恐怖を感じる人も少なくありません。

その経験から、大人になってからもピエロを怖いと思うようになっていることが考えられます。

(2)見た目が不気味

ピエロの特徴といえば、真っ赤な鼻に、避けた赤い口、白く塗った厚化粧。これを見て滑稽で笑えると思う人がいる一方、その奇想天外な様子を不気味だと思ってしまう人もいます。

(3)作品や事件の影響

アメリカでこの「ピエロ恐怖症」が顕在化したのは、ホラー小説の名手であるスティーブン・キングの小説「IT」のテレビシリーズが放送された直後からといわれています。その影響を受けて、そもそもピエロは怖いものだと認識している人も少なくないようです。またそれ以降も、ピエロをフィーチャーした怖い作品は数多く登場します。

こうした作品の影響で、妖怪やお化けの話を聞いて怖がる人が多いように、ピエロの存在そのものが恐怖の対象になっていることも考えられます。

 

4:ピエロ恐怖症の人がピエロが怖い理由3つ

ピエロが襲ってくることはない……とわかっていても、大人になってもいざ目にしたり絵で見たりすると身震いしてしまう人も。ピエロ恐怖症の人に、ピエロを怖いと思う理由をうかがいました。

(1)何を考えているかわからない怖さ

「小さいときから、着ぐるみなどが苦手だったのですが、私の場合にひときわ怖いと感じたのがピエロでした。口は笑っているのに目が笑っていないし、何を考えているかわからない。その得体の知れなさがゾッとさせるのだと思います。昔はピエロを見て、ギャーギャー泣いていましたね」(Oさん・35歳女性)

(2)異常性を感じる表情

「本来なら人を笑わせようとするピエロですが、無表情だからなのか、サイコパスを目の前にしたように感じます。実在する人ではないとわかっていても、危険に感じてしまって、身がすくんでしまいますね」(Kさん・25歳男性)

(3)ちぐはぐしている異様さ

「僕はピエロという存在の意味がわからないんです。わざわざ変なメイクをして、異様な動きをして、人にバカにされるのを喜ぶ……。それに不自然さを感じます。ピエロ自体がそういうものだとはわかっているのですが、理解し難いので、その異様な雰囲気が怖いと感じさせるのかもしれません」(Dさん・41歳男性)

 

5:ピエロ恐怖症の人が絶対見ると怖くなるピエロが出てくる映画3選

続いては、ピエロ恐怖症の人も怖いもの見たさで見たくなってしまうかもしれない(!?)、怖いピエロが登場する映画をご紹介します。

(1)『ジョーカー』

2019年に公開され、大ヒットを記録している映画『ジョーカー』。大人気アメコミ作品『バットマン』に登場する悪役で、これまで、ジャック・ニコルソンやヒース・レジャーなど、数々のスターが演じてきた伝説的なキャラクターを、名優、ホアキン・フェニックスが怪演しています。

人を笑わせるピエロが、徐々に異常性に満ちていくという恐ろしさを描いていて、それはまるで、人間の本性を浮き彫りにするよう。ピエロのメークって怖いな……と筆者自身も感じました。

(2)『IT/イット “それ”が見えたら、終わり』

先述したとおり、この作品でピエロ恐怖症が増えた、とも言われている作品。2017年にリメイク版として公開されて話題となりました。

猟奇的な殺人を繰り返す殺人ピエロ「ペニーワイズ」。一見優しく見えるような表情をしているところが、さらに恐怖心を煽っています。

(3)『クラウン』

その異様な格好に「サイコパスさ」を感じる人もいるピエロですが、それを象徴するかのような作品が、ホラー映画の『クラウン』。あるひとりの男が着た、クラウン(ピエロ)の衣装が脱げなくなり、怪物に変貌していくというストーリーです。あらすじを聞いただけでもゾッとしてしまいますね。

 

6:まとめ

ピエロが怖いという人は、思ったよりも多くて、それほど珍しいことではないのかもしれません。

中には「マクドナルドのドナルドが怖い」という声もあって、実際にアメリカでは、ドナルドに扮装して犯罪が発生したりして、使用を自粛するという動きも。しかしこれはやはり人間の仕業ですから、やはりいちばん怖いのは、ピエロ自体でなく、それに扮する人間なのかもしれませんね。