シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ビールで親近感!「デート時のお酒チョイス」で分かる男の性格4つ

初めてのデートやお目当ての彼と飲み会など、やはりお酒が入ると緊張感がほどけて、会話が弾んだり大胆な発言が飛び出したりしますよね。お酒を一緒に飲みながら、ドリンクのチョイスで彼の性格が分かったら、スムーズにデートを楽しむ方法が分かるかもしれません。

そこで、海外女性向け情報サイト『YourTango』に掲載された記事を参照に、‟デート時のお酒チョイスで分かる男の性格”をお伝えします。お酒の場で彼と会う時は、ぜひこちらの内容を思い出してみてください!

 

■1:ビール

おそらく飲みの席では、ビールを注文する男性が一番多いように思いますが、ビールが好きな男性は、ビールを飲む女性が好きなのだとか。高くてオシャレなカクテルばかりを飲む女子よりは、ビール好きな女子のほうが親近感が沸くと思っているようです。

と言うことでビール好きは、気さくで飾らない性格の男子が多いのかもしれません。

 

■2:赤ワイン

赤ワインを頼む男性は、毎回バーに来るたびに、違う女性を連れている男性が多いとの情報が! もちろん、赤ワインを飲む男性全員がチャラ男という意味ではありませんが、赤ワインを飲んで女性にも勧める男性は、相手をその気にさせたい下心が見え見えとのことです。

でも、彼にワインの知識があって上級物をボトルでオーダーされたら、女性の気持ちが揺らいでしまうのは仕方ないような気がします。

 

■3:白ワイン

白ワインは赤ワインよりも女性に人気だそうで、白ワインを頼む男性も、フェミニンな性格の男性が多い傾向にあるようです。そして、赤でも白でも安価なハウスワインを注文する男性は、ケチな人が多いともコメントしています。

確かに、ワインを出しているようなレストランに連れて行ってくれたのなら、少しぐらいは奮発してほしい気分になりますよね。

 

■4:マティーニ

多くのバーテンダーが、‟マティーニが好きな男は、かなりの酒好き”と意見が一致。「マティーニをオーダーする人は、全員がアルコール依存症に見えてしまう」とまでコメントしているバーテンダーもいて、やはり‟通”な飲み物であることは否めないかもしれません。

さらに、「オリーブは3つで!」と注文が細かったりしたら、普段どれぐらい飲んでいるのか、それとなく彼に聞いてみても良いかもしれません。

 

そうやって、相手の男性のお酒のチョイスを観察しているうちに、自分が酔っぱらって失態を犯さないように気を付けてくださいね!

 

【参考】