シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ビッチと清楚のボーダーライン?男が我慢できる「元カレの人数」

「これまでどれくらいの人数と付き合ったことあるの?」

気になる男性からのこの質問にあなたはどう答えていますか? 一見、他愛無い質問に思えますが、実はこの質問に正直に答えてしまうと、男性がショックを受けてしまい、せっかくの恋のチャンスが台無しになってしまうという事実をご存知でしょうか?

今回は『Menjoy!』が500人の男性を対象に実施した「我慢できる元カレの数」(協力:クリエイティブジャパン『ボイスノート』)の調査をもとに見ていきたいと思います。

 

■元カレの数は3人を超えるとヤバい?

調査の中で「好きな女性の交際経験、何人までなら我慢できますか?」という質問をしたところ、「1人」と答えたのが29%、「2~3人」と答えたのが35%となっており、全体で見ると約65%の男性は元カレの数が多いと“気にしてしまう”という結果になっていました。

元カレの人数が「4~5人」でも大丈夫だと答えた男性は16%、「6~7人」は3%、「8~9人」でも大丈夫だと答えた男性は2%しかいませんでした。この結果から考えるに、男性が我慢できる元カレの数は3人がボーダーラインだと言えそうです。

 

■普通に生きていれば結婚するまでに元カレは2~3人!?

「人生経験は誰でも大切です、知り合う前なら2~3人は我慢できるかな」

「2~3人くらい付き合うのは普通だと思うが、それ以上だと男好きなように感じてしまうから」

元カレの人数は「2~3人」がいいと答えた男性の多くは、「普通の女の子が恋をして育ってきたのなら、彼氏の1人や2人ぐらいできて当たり前だ」という意見を持っているようでした。確かに10代のころから普通に恋愛をしてくれば結婚を考える年齢になれば、2~3人くらいの元カレがいても不思議ではありません。

「あまり多いのも浮気性なのかなと思う」という意見もある通り、多くの交際経験がある女性を男性は浮気性だと判断することが多いようでした。つまり“人生経験豊富な女性”は元カレの数を少な目に申告したほうが、男性からの印象はよくなると言えます。

 

いかがでしたか?

もちろん男性の中には「好きな人は誰とも付き合っていてほしくない」という純情な男性や、「何人交際していても、本当のことを打ち明けてくれたらそれでよい」という懐の深い男性まで様々です。しかし、相手の男性がどんなタイプかわからないときは、控えめの申請が無難だと言えそうですね。

 

【参考】