シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ビタミンCもがっつり!「緑茶は水出し派」が急増の納得理由とは

暑い季節に、グラスに氷を浮かべた緑茶が出されると、麦茶やアイスコーヒーと違って、とっても風情があって“おもてなしの心”が感じられると思いませんか? 

今ひそかにブームの“水出し緑茶”には、見た目のオシャレだけでなく、従来のお湯で淹れるお茶にはなしえなかった健康効果があるんです。

というわけで、今年の夏に絶対飲みたくなる、水出し緑茶の魅力に迫ってみましょう。

 

水出し緑茶のメリットは

緑茶の栄養分といえばカテキンが代表的。カテキンの一種、エピガロカテキン(EGC)が水出し緑茶に含まれる割合は、お湯で淹れる緑茶よりも高いことがわかっています。エピガロカテキンとは免疫系の働きを活性化する作用があり、水出し緑茶には抗酸化作用や抗菌作用などが期待できるのです。

またビタミンCと甘味成分であるテアニンは、どちらも熱によって壊れてしまう性質のため、緑茶の茶葉に熱いお湯を注ぐよりも、低温の水で淹れた水出し緑茶の方が、ビタミンCもテアニンも壊れず残ります。そのためまろやかで深みのある味わいが楽しめます。

さらに、カフェインは温度が低いほど抽出量が減る傾向にあるため、水出し緑茶ではカフェインを抑えることができるんです。

 

水出し緑茶の作り方

水出し緑茶の作り方ですが、まずは100円ショップなどでティーバックとティーポットを購入しましょう。水をティーポットに入れ、そこに茶葉を入れたティーパックを加え、あとは冷蔵庫に入れてそのまま数時間待つだけ。茶葉の量は1Lのポットに対して大さじ3杯くらいが目安です。

また急な来客やすぐに飲みたいというときは、急須に茶葉を入れてそこにお湯ではなく水を注ぎ、5~6分待てば緑茶ができあがります。

 

ポットに水と茶葉を入れて放っておくだけで作れる手軽さの上、これだけ嬉しい健康効果がある水出し緑茶。今年はペットボトルのお茶ではなく、水出し緑茶にトライしてみてはいかがですか?

 

【参考】

東京都茶協同組合