シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ビキニになる前に!働きながらでも「今スグお腹から痩せる」方法5つ

今年の夏の予定は、もう決まっていますか? なかには普段の仕事で溜まった疲れを癒すために、ビーチリゾートに出かけるという人もいるのではないでしょうか。

そんな楽しい夏休みの予定、せっかくなら思いっきり楽しみたいですよね。ところがスタイルに自信がなかったり、お腹周りが気になって水着になれなかったりすると、せっかくの楽しい予定も台無しになってしまうかもしれません。

そこで今回は、海外の女性の情報サイト『all womens talk』などの記事を参考に、“今すぐお腹から痩せられるとっておきの方法5つ”をご紹介します。

きっと普段から、働きながらでもできる簡単な方法です。

 

■1:ファストフードは避ける

忙しいと、ついつい食べてしまうのがファストフード。ランチに、ときには夕食にと、仕事の繁忙期には食べる機会が多いかもしれません。

ところが、たとえばセットメニューなどのカロリーがどのくらいあるかをご存知でしょうか? おおよそ、成人女性の1日に必要とされる総カロリーが、1食のセットメニューで摂れてしまうのです。

水着になる予定のある人は、忙しくてもファストフードは避けたほうが良さそうです。

 

■2:低脂肪高タンパクなものを摂る

食事制限をする必要はないので、食べるものをちょっと意識してみてください。低脂肪で高タンパクなものを摂るようにしましょう。

魚や鶏のささみなどがいいですね。そのほかにもネット検索をしてみると、低脂肪高タンパクなメニューがたくさん出てくると思います。

このようにいつもの食事を少しだけ意識してみてみるだけでも、お腹から痩せるのに効果的です。

 

■3:目標を決める

働いている女性にオススメなのがこれです。仕事と同じように、ダイエットの目標を設定してみませんか? 俄然やる気になったり、モチベーションが湧いてきたりするのではないでしょうか。

水着になる日が決まっていたら、ダイエットの目標を決めるには好条件です。

 

■4:食事の量は減らして回数を増やす

お腹から痩せるためには、やはり食事に気を遣いましょう。全体として食べる量を減らす必要はありません。しかし、1回に食べる量は減らしてください。その代わり回数は増やしても構いません。

こまめに少量を摂るようにしてください。意外にも効果があるはずです。

 

■5:炭酸飲料は避ける

暑くなってくると飲みたくなるのが炭酸飲料ですよね。ところが炭酸飲料には想像以上に糖分が多量にふくまれています。

いくら暑くなっても、これだけは避けたほうが良さそうです。せめて水着を着るまでは避けてください。炭酸飲料を飲んでいると、ぽっこりお腹がなかなかへこみません。

 

以上、“今すぐお腹から痩せられるとっておきの方法5つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

働きながらでも、なんとかできるのではないでしょうか。水着になった時に、思う存分楽しむためにも、今は少し我慢して頑張りましょう。

 

【参考】

あわせて読みたい