シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

パーティで視線を独り占め!一瞬で華やか顔にするハイライトテク3つ

結婚式やイベントなどのとき、ファッションやヘアにだけ気を取られ、メイクはいつもと同じになってませんか? パーティーに行くときは、照明や衣装が違うため、いつもと一緒では顔がくすんで見えてしまうこともあるのです。そこで今回は、パーティーで視線を独り占めできるような華やか顏にする、ハイライトテクをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■いつものブラウンアイシャドーは範囲を狭くする

パーティ会場などは照明が暗い場合が多いので、定番のブラウンアイシャドーを塗ってしまうと、陰影というよりただのくすみに見えてしまいがちです。そこで、「いつもより明るめアイカラー」で顔を華やかな印象に仕上げましょう。
やり方は簡単。いつもつけるブラウンアイシャドーは範囲を一回り小さくし、その分、締め色とハイライトとの中間であるクリームカラーの明るめアイシャドーの範囲を広めにつけます。こうすることで、明るく華やかなアイメイクに変わります。暗めのパーティー会場では、明るい色を広範囲につけることを忘れないで!


■パールハイライトを3点おきして、滲み出るみずみずしさを演出

ハイライトは、パール入りのものを選ぶのがおすすめです。しかし、華やかさを出そうとして顔の広範囲にわたってつけてしまうと、ギラギラとした不自然な印象になってしまうので注意。
上品なツヤを出すには、まず鼻のつけ根と、目頭から2mm離したところの3点にパールハイライトを置きます。
次に、パールの入っていないマットタイプのハイライトで、こめかみ、眉の上、目の下に楕円でハイライトを入れます。こうすることで、ハイライトを入れた部分が点と点で繋がり、顔が立体的に見え、肌の内側から滲み出るようなみずみずしい美肌を演出することができます。


■唇の山にもハイライトをを入れる

リップも、より華やかに見せたい時には唇の山の部分に、クリーム系ハイライトパウダーを一筆置く感じで、ちょんちょんとハイライトを入れます。すると、唇がポンと前に出てくるような立体的な仕上がりに。グロスでツヤを出さなくてもこのテクニックで、より自然で上品なリップを演出できますよ。


いつもと同じメイク道具でも、テクニック次第で普段よりも華やかにすることができます。是非、試してみてくださいね。


(中花絵里香)